アート・ワールド

前澤友作(1975年11月22日生まれ)は日本の実業家、現代美術家コレクター。1998年にスタートトゥデイを創設。2004年にファッション小売りサイト「ZOZOTOWN」を創設。『フォーブス』誌によれば、2017年5月時点で36億ドルの資産を有しており、日本の富裕ランキングでは14位に位置づけされている。 前澤は2012年に東京を基盤とした現代美術をサポートする「現代芸術振興財団」を設立し、次世代の現代美術の柱となる若手アーティストをサポートする事業を始めた。現代芸術振興財団は現在、年にコレクション展や公募展を開催している。


「アート・バーゼル」は、スイスのバーゼル、アメリカフロリダ州マイアミビーチ、中国の香港で毎年開催される世界最大の近代美術と現代美術のアートフェア。各ブースには、著名芸術家や期待の若手芸術家たちの今の作品が展示される。また、各ブースで展示される作品に加え、開催都市に所在している美術機関と協力して共同プログラムを開催している。...

最近「ニューヨーク・タイムズ」が、世界中のアートフェアの成長がスローダウンしているという記事を発表した。 2014年に開催された世界のトップ20のアートフェアの総動員数は約103万人で、前年よりも7.4%減少したという。原因としては、近年、数多く現れたアートフェアやミドルマーケットの影響で、”art fair...

01 シェイカ・アル=マヤッサ・ビン・ハマド・ビン・ハリーファ・アル=サーニー Sheikha Al-Mayassa bint Hamad bin Khalifa Al-Thani 重要な国際プロジェクトの資金提供者。QMA(カタール美術館)チーフ。 02 デビッド・ズワーナー David Zwirner 高価格作品のアーティストを多数抱える国際的なギャラリスト。 03 イワン・ワース Iwan Wirth...

マッシミリアーノ・ジオーニ(1973年生まれ)は、ニューヨークを中心に活動するキュレーター、現代美術批評家、ニュー・ミュージアム・のディレクター、ニコラ・トラサルディ財団のディレクター。第55回ヴェニス・ヴィエンナーレのキュレーターで、総合キュレーターとして当時最年少だった。...

グレン・デヴィッド・ロウリー(1954年9月28日-)はアメリカの美術史家。1995年よりニューヨーク近代美術館(MoMA)の館長。 MoMAの現代美術のプログラムの強化、改装、拡張、美術館への寄付のため、デビッド・ロックフェラーをはじめ財界の有名人たちから9億ドルの資本金調達に成功したことで知られる。...

ベアトリクス・ルフ(1960年生まれ)は、ドイツのアート・キュレーター。チューリヒ美術館のディレクター、スイスの高級美術出版社『JRP-Ringier』の編集者、ミハエル・リンジャー・コレクションのディレクター。2014年から、アン・ゴールドシュタインの後任としてアムステルダム近代美術館のディレクターを務める。2008年の横浜トリエンナーレのキュレーターでもある。

サー・ニコラス・セロータ(1946年4月27日-)はイギリス国立美術施設のテイト館長。現在のヨーロッパの現代美術システムを確立させたことで知られる。 1988年にテイトの館長に就任する以前は、チャペル・ギャラリー館長、オックスフォード近代美術館の館長を務めて、これらの経営を見事に成功させる。その後、現在のテイトのマネジメントを任されることになる。...

ジュリア・ペイトン・ジョーンズ(1952年2月18日生まれ)は、ロンドンにあるサーペンタン・ギャラリー(Serpentine Gallery)の共同ディレクター。1991年からギャラリーのディレクターとして就任。1998年にギャラリーの大規模な改修プロジェクトを進めた。...

さらに表示する