シュルレアリスム

サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(1904年5月11日-1989年1月23日)は、一般的に“サルバドール・ダリ”という名前で知られているスペイン・カタルーニャ州の画家。シュルレアリスト。 ルネサンスの巨匠たちに影響を受けて身につけた熟練した絵画技術でもって、数々のシュルレアリスム作品を制作。 あるイメージをあるイメージに重ね合わせて表現するダブルイメージ手法「偏執狂的批判的方法」の発明者として、シュルレアリスムでは評価されている。代表作品は1931年8月に完成させた『記憶の固執』。ここでは、時計とカマンベールチーズを重ね合わせて表現している。 絵画以外の活動も多彩で、メディア露出をほかのシュルレアリストより重視していたのが最大の特徴。著述、映画、彫刻、写真などさまざまな大衆メディアに頻繁に登場。アメリカでは大衆文化のスターとなり『Time』誌の表紙にもなった。特に注目を集めたのはダリの奇行癖。作品以上にむしろ奇行のほうが知られていたといっても過言ではない。

シュルレアリスム運動における代表的な超現実オブジェは、サルバドール・ダリの「ロブスター電話」と「メイ・ウエストの唇ソファ」である。...

戦後、ダリは20世紀に起きた量子力学の誕生をきっかけに科学的事へ関心を深めていった。 ドイツの物理学者のヴェルナー・ハイゼンベルクの不確定性原理に大変な影響を受け、1958年の自著「反物質宣言」でこのように書いている。...

ダリは若い頃、アナーキズムと共産主義の両方の思想を持っていた。当初は第一次世界大戦に勃発したダダイズム運動のアナーキズムに忠実だった。その後、シュルレアリスム運動でトロツキストのアンドレ・ブルトンと関わっていくなかで、政治観は徐々に変化していく。...

「チュッパ・チャッパス」はスペインのロリポップ型(日本語ではペロペロキャンディ)の大衆ブランド菓子。アメリカのコカ・コーラに相当し、世界150カ国以上で販売されている。...

ローズ・セラヴィとはマルセル・デュシャンのペンネームの1つ。ローズ・セラヴィは1920年の晩夏から初秋頃に、マルセル・デュシャンの心から生まれ出た。 「自分の人格を男性から女性変えようとしたのではなく、男性と女性の2つの人格を同時にもとうとした」とデュシャンはローズ・セラヴィについて語っています。...

ダリはファッション業界とも頻繁にコラボレーション活動をしていた。 特にイタリアのファッションデザイナーのエリザ・スキャパレッリとのコラボレーションが有名。ロブスターが印刷された白いドレス、靴型の帽子、バックルが唇になったピンクのベルトなどの衣装を制作した。...

ダリは作品内に独自のシンボルを頻繁に描いている。代表的なシンボルである「溶ける時計」は「記憶の固執」で初めて登場した。「溶ける時計」はアインシュタインの「特殊相対性理論」や「非固定性」を暗示している。ダリによれば、「溶ける時計」のアイデアは、ある暑い夏の日、ガラが食べていたカマンベールチーズが溶けていく様子を見て思いついたという。

ダリは若いころから絵と同じくらい映画が好きで、日曜日にはいつも映画館に通いつめていた。...

デペイズマンは、あるモチーフを本来あるべき環境や文脈から切り離して別の場所へ移し置くことで、画面に異和感を生じさせるシュルレアリスムの表現手法。...

さらに表示する