マーケット

一般市場で最も高額で取引された絵画ランキング。 2017年現在の最も高額なのは、2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売がかけられたレオナルド・ダ・ヴィンチの《サルバトール・ムンディ》の4億5000万ドル。一般市場で流通している作品において史上最高額となる4億5000万ドルで落札された。 続いて、2015年11月にデヴィッド・ゲフィンからケネス・C・グリフィンに個人間取引されたウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ』の3億ドル。ケネス・C・グリフィンは『ナンバー17A』も2億ドルでデヴィッド・ゲフィンから購入している。

ローレンス・ギルバート・ガゴシアン(通称:ラリー・ガゴシアン,1945年4月19日-)は、アメリカのアートディレクター。2015年のアートワールドで最も影響力のある人物第6位。ガゴシアン・ギャラリー・グループのオーナー。 ガゴシアン・ギャラリーは、ラリー・ガゴシアンが所有し、また運営している現代美術の画廊である。おもに近代美術と現代美術の作品や作家を扱っている。 現在、世界中に13のギャラリーとショップ(現在もポスター販売をしている)。年間売上高約10億ドルを誇るラリー・ガゴシアンは、今年もさまざまな画廊経営で最高の収益を叩き出している。

「Artnet.com」は、アートネット・ワールドワイド・コーポレーションが運営している世界最大の美術売買サイト。ファイン・アートだけでなく、装飾芸術やデザインも取り扱う。透明性を重視しており、作品価格を表示し、またサイトを通じて直接取扱ギャラリーに連絡できる。...

6月21日、ロンドン・サザビーズで開催された印象派と近代美術セールで、ピカソのキュビスム時代の作品『Femme Assise』が、4300万ポンド(約63億円)で落札。 また、アメディゴ・モディリアー二のポートレイト作品『Jeanne Hebuterne』は、3850万ポンド(約56億円)で落札された。 この2枚は過去5年のロンドン市場で最高価格だったという。...

未来は何が見えるか? 過去の賢者は動物の内臓やお茶の葉を使ってこのような問題を推測した。 商業用の写真の膨大なアーカイブを提供するサービス「ゲッティイメージズ」は、自社のアーカイブをもとにして現在のユーザーの画像への関心を調査。年一回開催される「クリエイティブ・イン・フォーカス・レポート」でその調査の報告が行われた。...