モデル

アリス・プレザンス・リデル(1852年5月4日-1934年11月16日)は、少女時代にルイス・キャロルの知り合り、写真のモデルとなったイギリスの女性。 また、ルイス・キャロルがボート遊びのときに彼女に話した物語は、のちに古典児童小説『不思議の国のアリス』となったことで知られる。 彼女の名前と物語の主人公は同じであるが、学者によれば、物語のアリスの性格はどこまで彼女を基盤にしているかどうかは意見が異なるという。アリスはクリケット選手のレジナルド・ハーグリーブスと結婚し、3人の子どもをもうけた。

ジャンヌ・エビュテルヌ(1898年4月6日-1920年1月25日)はフランスの画家、よく知られているのはアメデオ・モディリアーニのモデル、愛人。 エビュテルヌは、フランスのセーヌ=エ=マルヌ県モー群の敬虔なローマ・カトリック教の家族のもとで生まれた。父のアチール・カシミール・エビュテルヌはボン・マルシェ百貨店の従業員だった。 幼少の頃から美しかったエビュテルヌは、画家を志していた兄のアンドレ・エビュテルヌに、当時のパリの前衛芸術家たちが集まるモンパルナスの芸術コミュニティに紹介される。エビュテルヌはレオナード藤田をはじめ、さまざまなモンパルナスの芸術家たちのモデルを務めた。しかしながら、エビュテルヌ自身も芸術を探求したくなり、コラロシ芸術学校に入り、ドローイングを始めるようになる。

ベラ・ローゼンフェルド・シャガール(1895年12月15日-1944年9月2日)はユダヤ系ベラルーシの著述家。マルク・シャガールの最初の妻。1917年の『白襟のベラ』をはじめ、多くのシャガールの作品のモデルになっている。 ベラは1895年、現在のベラルーシの都市であるヴィーツェプスクの裕福なユダヤ人家庭で生まれた。父シュミエル・ノアと母オルタ・ローズフェルドの8人の子ども末っ子だった。両親は宝石商だった。

オルガ・コクラヴァ(1891年5月17日-1955年2月11日)はロシアのバレエ・ダンサー、パブロ・ピカソの最初の妻で、有名ポートレイト作品「椅子に座るオルガ」のモデルとしてよく知られている。 オルガ・コクラヴァは、ロシア帝国時代のニズフィンで生まれた。オルガはフランスでマダム・スローソンとの演技を鑑賞して、バレリーナになろうと決意。その後、セルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエ団の一員として活躍するようになる。

フランソワーズ・ジロー(1921年11月26日ー)はフランスの画家、作家。1944年から1953年までのパブロ・ピカソの愛人で、ピカソとのあいだのクロードとパロマの2人の子どもをもうけている。 ピカソ死後、ピカソの妻のジャクリーヌ・ロックと遺産争いを行う。ジローは、ピカソと別れたあと、アメリカのウイルス学の開拓者ジョナス・ソークと結婚。 ピカソの数ある愛人のなかでも、非常に頭がよく社会的にも成功したのが特長で、ジローはピカソの愛人であり、ピカソの間に二児をもうけた母であり、モデルであり、展示企画者であり、相談相手であり、芸術家であり、芸術批評家であり、ホステスだった。

ジャクリーヌ・ピカソまたはジャクリーヌ・ルーク(1927年2月24日-1986年10月15日)はパブロ・ピカソの二番目の妻。 ピカソが80歳頃に結婚し、ピカソが死去する91歳の11年間付き添った。ピカソはジャクリーヌのポートレイト作品を400作品以上制作しており、これまでのどの愛人よりも多い。

フェルナンド・オリヴィエ(本名:アメリー・ラン:1881年-1966年)はフランスの芸術家、ピカソのモデルとしてよく知られており、ピカソは60作品以上の彼女のポートレイトを描いている。有名になる前のピカソを唯一知っている女性で、またピカソを出世させた女性として重要視されている。

マリー・テレーズ・ウォルター(1909年7月13日-1977年10月20日)はフランス人のピカソの愛人、パブロ・ピカソ作品(1927年から1935年まで)のモデル、ピカソとの間の子マーヤ・ウィドマリア・ピカソの母。 モデル代表作は「夢」。2013年に米国コレクターが1億5000万ドルで手に入れたが、この価格は米国コレクターが支払った価格で最高額だと言われている。

アリス・プラン(1901年10月2日-1953年4月29日)は、フランスの芸術モデル、ナイトクラブ・シンガー、女優、画家。「モンパルナスの女王」「モンパルナスのキキ」の愛称で知られる。...

ガラ・ダリ(1894年9月7日-1982年7月10日)は、ポール・エリュアールの前妻。サルバドール・ダリの妻。一般的には「ガラ」という愛称で呼ばれている。彼女はミューズとして多くのシュルレアリスム作家や画家に影響を与えた。...

さらに表示する