学術

ジグムント・フロイト(1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。 神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。 「無意識」を初めて扱ったフロイトの精神分析は、シュルレアリスムに多大な影響を与えた。