映画

ヴェラ・ヒティロヴァ(1929年2月2日-2014年3月12日)はチェコの前衛映画監督。チェコ映画の開拓者。 1960年代にチェコスロバキア政府から上映禁止処分を受けたチェコ・ニューウェーブ映画『ひなぎく』の監督として一般的に知られている。 『ひなぎく』は世界中で高い評価を受けており、日本でも1991年に公開され現在も人気が高く、ガーリー映画の代表作として多くの女性の心をつかんでいる。『ひなぎく』がチェコで上映禁止処分を受けると、ヒティロヴァ監督自身も1969年から7年間にわたる活動停止を余儀なくされる。

デビッド・リンチ(1946年1月20日〜)はアメリカの映画監督、脚本家、画家、プロデューサー、写真家、音楽家、俳優。シュルレアリスティックで不気味な作風の個性的な映画スタイルを確立している。イギリスの『ガーディアン』誌はリンチを「現代における最重要映画監督」と評し、AllMovie社は「現代アメリカ映画製作のルネサンス・マン」と評した。またリンチのシュルレアリスム映画における商業的成功は「アメリカで最初の人気のポピュラー・シュルレアリスト」のラベルが付けられることになった。

ヤロミル・イレッシュ(1935年12月10日-2001年10月24日)はチェコスロヴァキア・ニューウェーブ運動(チェコ・ヌーヴェルヴァーグ)で活躍した映画監督。 ダークユーモアが特徴のチェコスロヴァキア・ニューウェーブの先駆者であり、まったくの素人を俳優として起用して、前衛的な映画作品を多数制作手掛けたことで知られる。 最もよく知られている作品は、1970年作の『ヴァレリエの不思議な一週間』。日本では『闇のバイブル/聖少女の詩』という題名でゴシック・ロリータ映画の代表作として扱われることが多く、映画ファンや芸術ファンよりもゴシック・カルチャー内で人気が高い。本作はソフトコア・ポルノにあたり、当時のチェコスロヴァキアではタブーであった。

「カルネ」は、1991年にギャスパー・ノエによって制作されたフランス映画。フィリップ・ナオン(父役)とブランディーヌ・ルノワール(娘役)が主演。口がきけない娘と馬肉屋の親父の物語で、ギャスパー・ノエの初長編映画。なお本作の続編は1998年に制作された「カノン」である。

ルイス・ブニュエル(1900年2月22日-1983年7月29日)はスペインの映画監督、シュルレアリスト。スペイン、メキシコ、フランスで活動。 ブニュエルが83歳で亡くなったとき、『ニューヨーク・タイムズ』は彼の死亡記事で、「偶像破壊者、モラリスト、若齢期はシュルレアリスムの代表的人物、後の半世紀は支配的で国際的な映画監督』と評した。...

ヤン・シュヴァン・クマイエル(1934年9月生まれ)は、チェコの映画監督、またさまざまなメディアを通して作品を発表している美術家。 自身の作品をシュルレアリスムと銘打つのが特徴で、テリー・ギリアムやクエイ兄弟をはじめ多くのアーティストに多大な影響を与えている。...

ギャスパー・ノエ(1963年12月27日生まれ)はアルゼンチンの映画監督、映画評論家。アルゼンチンの画家で作家のルイス・フェリペ・ノエの息子。 12歳でパリに移住。ルイ・リュミエール国立高等学校卒業後、スイスのサースフェーにあるヨーロッパ大学の映画科の客員教授となる。最も知られている作品は世界標準だと「I Stand Alone」「Irréversible」「Enter the...

アレハンドロ・ホドロフスキーの映画には、監督自身が役者として登場するだけでなく、実の子どもたちもよく登場する。ホドロフスキーには5人の子どもがいる。そこでホドロフスキーの5人の実の子どもを紹介してみよう。

『田園に死す』は1974年に寺山修司の監督により制作された長編映画。寺山の映画作品の中で代表的作品であり、寺山の幼少の頃を描いた半自伝的映画である。 青森、恐山、田園、因習、サーカス団、エロス、水子、イタコ、「母殺し」の思想、東京と青森、現在と過去などのイメージが混在してシュルレアリスティックに描かれる。...

ホドロフスキーは1966年なかばからメキシコで、マヌエル・モロが絵を担当する漫画作品『Anibal 5』で、漫画作家としてデビュー。 またメキシコ新聞紙「エル・ヘラルド・デ・メヒコ」で週刊連載漫画『ファビュラス・パニキャス』を開始。こちらはホドロフスキー自身が絵を描いていた。...

さらに表示する