漫画

根本敬(1958年6月28日生まれ)は日本の漫画家、著述家、映像作家、コレクター。「特殊漫画家」や「特殊漫画大統領」などのニックネームで知られる。 1981年に日本で最もアンダーグラウンドなコミック誌だった月刊漫画「ガロ」で漫画家としてデビュー。以後、休刊するまで「ガロ」を中心に多くのマンガ作品を発表。「ガロ」休刊、および雑誌ブームが終焉した2000年代以降は、青林工藝舎のマンガ雑誌「アックス」や、アップリンクの「映像夜間中学」をはじめ、おもにインディーズ媒体で作家活動を続けている。 根本の作品の多くは、信じられないほどの不幸が重なり続けるキャラクター村田藤吉とその家族の物語がシュルレアリスティックに進行する。作品の多くは一般的な良識から嫌悪対象となるものの、一方で熱狂的なファンも多く持ち、日本のみならず世界中のアンダーグラウンド・シーンに影響を与えている。

大友克洋(1954年4月14日生まれ)は日本の漫画家、映画監督、映画脚本家。代表作は漫画作品の『AKIRA』とそのアニメ版『AKIRA』。大友はのちに多くのアーティストやアウトサイダーの両方に影響を与えた。...

『聖少女ちおちゃん』は、2004年に真珠子によって制作された短編作品を集めた漫画作品集。「パパだいちゅき!」「愛情のおけいこ」「女猫なんちて」「ちおちゃん先生」「愛人集会」の5編から構成されている。...

アンドレ・ブルトンは、シュルレアリスム文学の例として、まず「溶ける魚」を自身で書いて世間に示した。 その内容は、どこか叙情的であり、全体的に「死の願望」を漂わせる一方で、現実の決められた序列から「放心」し、地上の平行線上に、さまざまな事象を再構築した別の世界「超現実」の世界に美を見出していくものだった。...

つげ義春(1937年生まれ)は日本のマンガ家、随筆家。意識的にシュルレアリスムをマンガに初めて取り込んだ作品「ねじ式」の作者として知られる。...

古屋兎丸(1968年1月25日-)は日本の漫画家。東京都出身。多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。94年に『月刊漫画ガロ』で、鮮烈なデビュー。以後、精力的に作品の発表を続ける。 代表作は『Palepoli』『自殺サークル』『ライチ☆光クラブ』。強烈な風刺と人間の暗部が描かれた作品を、独創的な画風で描き、熱狂的な支持を受ける。...

ジャン・アンリ・ガストン・ジロー(1938年5月8日-2012年3月10日)はフランスの芸術家、漫画家。ベルギー・フランスを中心とした地域の漫画バンド・デシネの作家。おもに『ブルーベリーズ』シリーズや絵画制作時に使用された“メビウス”というペンネームや、本名を短くした“ジロー”の愛称で親しまれ、世界中に多くの熱烈なファンを持つ。...

徳南晴一郎(1934年6月1日-2009年12月24日)は、日本の漫画家。貸本作家。日曜画家。おもに曙出版を活動の基盤としていたが、貸本業界の崩壊とともに、漫画家を引退。 代表的作品は時計人間に襲われるシュールな作品『怪談...