近現代美術

ダニエル・ヘンリー・カーンワイラー(1884年6月25日-1979年1月11日)はドイツの美術史家、画商。20世紀初頭のフランス美術を扱う重要な画商の1人。 1907年にパリで画廊を開き、特にパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックらのキュビスムを中心とした前衛芸術の作家をサポートした。 カーンワイラーの家族は、ドイツのプファルツ地方にある小さな村ロッケンハウゼンからドイツ南西部のバーデン領邦へ移り、そこでカーンワイラーは1884年に生まれた。ドイツ中等学校の教育は、カーンワイラーを実践的なビジネスマンとして、また芸術哲学のエキスパートを養成した。

ポール・セザンヌ(1839年1月19日-1906年10月22日)はフランスの画家。後期印象派の画家。 セザンヌは19世紀の印象派から20世紀初頭の前衛運動の架け橋を築いた画家として評価される。特にキュビスムのにおける芸術概念の基礎となった。 セザンヌは複雑な画面を生成するために小さな筆致や平面的な色使いを行う。マティスととピカソはスザンヌについて"近代美術の父"と述べている。

アンリ・エドモン・クロス(1856年5月20日-1910年5月16日)はフランスの画家、版画家。新印象派の巨匠として評価され、運動の第二段階を形作る上で重要な役割を果たす。アンリ・マティスに多くの芸術家に大きな役割を与え、フォービスムの発展の助けとなった。

アンリ・エドモン・クロス(1856年5月20日-1910年5月16日)はフランスの画家、版画家。新印象派の巨匠として評価され、運動の第二段階を形作る上で重要な役割を果たす。アンリ・マティスに多くの芸術家に大きな役割を与え、フォービスムの発展の助けとなった。

ポール・デュラン=リュエル(1831年10月-1922年2月5日)はフランスの画商。おもに、印象派やバルビゾン派の画家たちと連携していた。 彼は近代画商の先駆者の1人して評価されており、俸給制で画家たちの生活を支援したり、画家の個展を開催した。

フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(1840年11月12日-1917年11月17日)はフランスの彫刻家。 ロダンは一般的に近代彫刻の開拓者として知られているが、ほかのモダニストたちのように既存の芸術制度や古典に反発するため近代彫刻を打ち立てたのではない。 ロダンは古典教育を受け、むしろ職人のように伝統に従い、アカデミックな承認を望んでいた。しかし、パリの一流の美術学校に何度試験を受けても失敗して、独自の道を歩むことになった。 ロダンは粘土を使って、複雑で激しく懐の深い表面を模型を作ることができる独特な能力を持っていた。ロダンの最も著名な彫刻の多くは、生涯にわたって激しい批判を浴び続けた。それらは装飾的で、定型化され、非常に主題性が高く、卓越した具象伝統彫刻と反するものだった

フェリックス・ヴァロットン(1865年12月28日-1925年12月29日)はスイス・フランスの画家、版画家。ナビ派。近代木版画の発展における重要人物をみなされている。 1890年代にヴァロットンが制作した多くの木版画は革新的なもので、芸術媒体としての木版画の復興を果たした引導者としての地位を確立。平面性や際立った輪郭線、グラデーションのない白と黒のコントラストの木版画は、ムンク、オーブリー・ビアズリーなどに影響を与えた。 絵画においてはナビ派と密接な交流を持ち、友情は生涯続いた。木版画で培った技術を絵画に反映させた作品を多数制作する。ナビ派解散以後は、画面に冷たさを伴う独自の写実的絵画を発展させ、1920年代の新即物主義の先駆者となった。

アントニ・ガウディ・アイ・コルネット(1852年6月25日-1926年6月10日)はカタルーニャ出身のスペインの建築家。彼はモデルニスモの代表的芸術家としてよく知られている。 ガウディの作品は非常に個性的で独特なスタイルを持っている。作品の多くはバルセロナにあり、サグラダ・ファミリア教会が特に有名である。 ガウディの作品は、自然や宗教など彼自身の生活から影響を受けている。ガウディは創作のあらゆる細部を熟考し、陶器、ステンドグラス、鍛造製法、木工などあらゆる工芸品を建築に取り入れて融合した。 ガウディはまた、廃棄セラミック片を使ったトレンカディス(破砕タイル仕上げ)のような材料を扱うなど新しい技術を導入した。 新ゴシックアートとオリエンタル技術の影響のもと、ガウディは19世紀後半から20世紀初頭にピークを迎えたモデルニスモ運動の1人となった。

ポール・セリュジエ(1864年11月9日-1927年10月7日)はフランスの画家。抽象絵画の先駆者であり、ナビ派の創設者。ゴーギャンの影響を受けた綜合主義、クロワゾニムでもある。 セリュジュはパリで生まれた。ジュリアン・アカデミーに入学して1880年代なかばまで絵を学ぶ。1888年の夏にポン=タヴァンへ旅行し、ポール・ゴーギャンを中心とする小さな芸術家集団 総合主義に参加する。 ポン=タヴァンの芸術家サークルにいる間に彼が制作した《タリスマン(護符)》が代表作として知られている。これはゴーギャンの監督下で制作されたもので、純粋抽象絵画の先駆的作品であり、クロワゾニムの極端な例の作品でもある。

ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829年6月8日-1896年8月13日)はイギリスの画家、イラストレーター。ラファエル前派創設者の1人。 ミレイは子どものころから天才で、11歳のときに最年少でロイヤル・アカデミーに入学する。ロンドン、ガワー・ストリート83番地にあった家族の家でラファエル前派を創設する。 ミレイはラファエル前派で最もよく知られるメンバーとなり、また彼の1850年の作品《両親の家のキリスト》や1851年から1852年にかけて制作された《オフィーリア》は、ロイヤル・アカデミーで展示した際、かなりの批判を受けた。

さらに表示する