画家

金子國義(1936年7月23日 - 2015年3月16日)は日本の画家、イラストレーター、写真家、舞台デザイナー。 デザイン会社退社後、独学で絵を描き始める。その独特の画風が澁澤龍彦の目に留まり、『O嬢の物語』の挿絵を手がけることになる。澁澤の金子評は「プリミティブだ。いや、バルテュスだ」。翌年、澁澤の紹介により青木画廊にて「花咲く乙女たち」を開き、正式に画家としての活動を始める。 イタリア旅行の際にジョルジオ・ソアビとの出会いがきっかけで絵本「不思議の国のアリス」を刊行。以後、アリスは金子のイラストレーション作品の代表的なモチーフとなり、また金子自体もアリスに思い入れが大きく、死ぬまでアリスシリーズを描き続ける。

天野喜孝(1952年3月26日生まれ)は日本の画家、イラストレーター、キャラクター・デザイナー、舞台美術家、衣装デザイナー。...

谷口ナツコ(1968年、北海道旭川生まれ)は日本の画家。...

篠原愛は日本の画家。1984年鹿児島生まれ。多摩美術大学油彩学科卒業。以後、隔年ごとに個展を開催。国内だけでなくニューヨークなど海外でも個展を開催している。 花や金魚などの可愛らしいものに加え、血や臓物など本能を刺激するモチーフに囲まれた女の子たちを描き、少女の内面世界が絵の中で混ざり合った美しい異形を生みだしている。...

桂典子(1988年生まれ。山口県出身)は日本の画家。2013年武蔵野美術大学大学院造形研究科卒業。デビュー時から最近の個展まで一貫した表現内容は「生きている」こと。描くモチーフは初期は食べ物に関するものだったが、2012年以降は細胞、精子、卵子、生物、胎児といった生殖細胞のようなものを描いている。

ジョルジョ・デ・キリコ(1888年7月10日-1978年11月20日)はイタリアの画家。第一次世界大戦以前にイタリアで形而上絵画の旗手として活躍、後のシュルレアリスムムーブメントに大きな影響を与えた。 1919年以後は古典技術に興味を移し、新古典主義や新バロック形式の作品を制作。シュルレアリスムグループから反発を受ける。 一方、しばしば形而上絵画時代の自己模倣作品も制作し、作品の年号も昔のものに変更して展示してトラブルも起こした。

藤原由葵は日本の画家。1978年静岡県生まれ。8歳のときから現在に至るまで杉山照治、瑛子師に師事。2006年に東京藝術大学大学院博士後期課程絵画専攻油画研究領域修了 博士美術学位修得。23歳の時に第16回富嶽ビエンナーレ展大賞受賞。...

中村宏(1932年9月20日生まれ)は日本の画家、イラストレーター。政治的・社会的な事件や事象を取材して記録するように描かれたルポタージュ絵画や、「円環列車」シリーズのようなシュルレアリスムの手法で描かれた作品でよく知られている。 ■写真 http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/46201/

近藤聡乃は日本のマンガ家、アニメーション作家、美術作家。1980年千葉県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。文化庁新進芸術家海外留学制度、ポーラ美術振興財団の助成を受け、2008年よりニューヨーク在住して制作している。2016年にアメリカ人と国際結婚。...

小林美樹(1986年生まれ)は日本の画家。川口市出身。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。独自のキャラクターと世界観をシュルレアリスム風の具象絵画が表現するのが特徴。鳥瞰図が得意。石田徹也、草間彌生、澤田知子、大倉史子、エゴン・シーレ、100%ORANGEなどから影響を受けている。最近は「死」と「永遠」をテーマに制作する事が多いが、基本的にブラックユーモア化している。

さらに表示する