芸術運動

※本ページは再編集中です。Googleの検索結果上位に出てきしまいますが、ほかのページも参照してください。管理人はこのジャンルについて特に詳しいわけではありません。美術史から外れて、あまり教科書に紹介されることもないこういうジャンルもあるよというかんじで知ってもらえればと思います。

象徴主義は、フランス、ロシア、ベルギーを起源とする19世紀後半の芸術運動。文学では1857年に刊行されたシャルル・ボードレールの「悪の華」が象徴主義の起源とされている。 また、ボードレールは絶賛してフランス語に翻訳したエドガー・アラン・ポーの作品は、多大な影響を与え、のちの文学や芸術の多くで比喩やイメージの源泉となった。象徴主義は、1860年代から1870年代にかけて、ステファヌ・マラルメやポール・ヴァレリーらによって発展、1880年代に象徴主義の美学は一連の檄文によって連結化され、同世代の著述家を魅了した。「象徴主義」という名称自体は、批評家のジャン・モレアスが、デカダン文学や芸術との関わりから象徴主義の作家を区別するために作った言葉であるとされている。

「青騎士」はドイツ、ミュンヘンにあったミュンヘン新芸術家協会に反発して創設された芸術グループ。1912年にワシリー・カンディンスキーとフランツ・マルクが創刊した雑誌『青騎士』が名称の元である。 1909年にカンディンスキーが創設したミュンヘン新芸術家協会内で亀裂が生じ、カンディンスキーやマッケが脱退して形成される。発祥は、1911年にミュンヘンに集まったおもに表現主義の画家たちによる緩やかな芸術家の集まりである。 青騎士は、ワシリー・カンディンスキー、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー、マリアンネ・フォン・ヴェレフキンなどロシア移民の芸術家と、フランツ・マルク、アウググスト・マッケ、ガブリエレ・ミュンターなどドイツ人芸術家らが中心となって構成されていた。 青騎士は1911年から1924にかけて活動を行い、1905年に創設されたブリュッケとともにドイツ表現主義の基礎となった。

ロンドン・グループは、イギリスのロンドンを基盤にしたコミュニティで、王立芸術アカデミーに反発し、さまざまな芸術家たちに展示機会を与えることを目的とした組織である。会員とゲスト芸術家たちで構成され、おもに公開展覧会を開催している。 ロンドン・グループは、1913年に設立され、世界で最も歴史のある芸術家主導の組織の1つである。現在も活動しており、80人以上の会員が存在している。2011年にはチェロ・ファクトリーで140人以上の芸術家の作品展示を開催。また、2013年には、設立100週年記念の祝賀展示会が開催された。 イギリス後期印象派で男性オンリーのグループ「カムデン・タウン・グループ」と「フィリィツロイ・ストリート・グループ」の合併にともない形成された。

印象派または印象主義は、19世紀後半にフランスで発生した絵画を中心とした芸術運動で、当時のパリで活動していた若手画家たちのグループを起源としている。 印象派は、1870年代から1880年代にかけて、フランスの保守的な公式美術展覧会「サロン・ド・パリ」から、独立した展覧会を開催した。 印象派という名前は、クロード・モネの作品《印象・日の出》に由来している。この絵がパリの風刺新聞「ル・シャリヴァリ」で批評家ルイ・ルロワから批判されたのをきっかけに、「印象派」という新語、または印象派グループが生まれた。

ピクトリアリスムは、19世紀後半から20世紀初頭に発生した写真分野における芸術運動である。明確な定義は存在していないが、広義ではイメージを単純に記録した写真ではなく、芸術を創造するための手段として撮影された写真全般のことを指す。狭義では、わざと写真を不鮮明でぼやけるようソフトフォーカスで撮影された芸術写真である。 ピクトリアリストたちにとって写真とは、絵画やドローイングと同じくもので、鑑賞者に撮影者の自己の感情を伝える手段の1つだった。 ピクトリアリスム運動は、1940年代後半まで続い また、ボードレールは絶賛してフランス語に翻訳したエドガー・アラン・ポーの作品は、多大な影響を与え、のちの文学や芸術の多くで比喩やイメージの源泉となった。象徴主義は、1860年代から1870年代にかけて、ステファヌ・マラルメやポール・ヴァレリーらによって発展、1880年代に象徴主義の美学は一連の檄文によって連結化され、同世代の著述家を魅了した。「象徴主義」という名称自体は、批評家のジャン・モレアスが、デカダン文学や芸術との関わりから象徴主義の作家を区別するために作った言葉であるとされている。

後期印象派は、1886年から1905年にかけて発展したフランスの芸術運動で、最後の印象派展からフォービズムの誕生までの期間のことを指す。後期印象派は、光と色の自然主義的表現を重視する印象派に反発する形で生まれた。 後期印象派、抽象性や象徴性を幅広く強調しており、新印象派、象徴主義、クロワゾニスム、ポン=タヴァン派、綜合主義といった芸術運動を総括した呼び方である。ポール・セザンヌ、ポール・ゴーギャン、フィンセント・ファン・ゴッホ、ジョルジュ・スーラが後期印象派の代表的な作家とされてる。 後期印象派という言葉は1906年に美術批評家ロジャー・フライが使ったことが起源とされている。批評家のフランク・ラターは、1910年10月15日発刊の『Art News』でのサロン・ドートンヌのレビューで、オーソン・フリーズを「後期印象派のリーダー」と表現した。「フランスの後期印象派」展の広告もあった。

耽美主義(または耽美主義運動)は、社会や政治を主題にすることを重要視する美術よりも、「美とは何か」「どのようなものが美しいのか」といった美学の方に価値観を置く芸術運動である。また、作品内に深い意味や意図を含ませたり解釈することより、もっと表層的な美に価値観を置く。...

ウィーン分離派は1897年にオーストリアの芸術家たちによって創設された芸術運動。画家、彫刻家、建築家たちから構成される。初代理事長はグスタフ・クリムトとルドルフ・フォン・アルトで、彼らは名誉会長となった。ウィーン分離派が発行していた公式雑誌は『Ver Sacrum』という。...

ビオモーフィズム(biomorphism)とは、自然界で見られる規則的な模様を取り込んだ芸術作品。有機的形態造形。なかでも、自然界の生物(微生物や細胞など)を連想させる形態を取り込んだ芸術作品に対して用いられるケースが多い。...

さらに表示する