【展示】ミロ・モアレ「NRW-Forum美術館」

「裸の自撮り」シリーズ in NRW-Forum美術館


概要


もはやミロ・モアレのヌード・パフォーマンスは誰も止める事ができない。

 

前衛ヌーディストで知られるミロ・モアレが、9月18日、ドイツのデュッセルドルフのNRW-Forum美術館に現れ、ヌード・パフォーマンスを行なった。


この日、モアレが行なったのは、見知らぬ人と一緒に裸で自撮りを行う「裸の自撮り:NAKED SELFIES」シリーズ。これまでと異なるのは、今回はゲリラ・パフォーマンではなく、公的補助を受けている美術館側の公式プログラムとして彼女は招待されたこと。つまり国家お墨付きヌード・アーティストとなった。


モアレが招待されたのは、2015年9月19日から2016年1月17日まで開催されている「エゴ・アップデート:デジタル・アイデンティティの未来」のVIP・オープニング。身体に自撮りチェキ写真を巻きつけて登場し、三脚に取り付けたリモートコントロールカメラで、訪れた客達とともに自撮りをして、会場を盛り上げた。


「裸の自撮り」シリーズは、これまで、ドイツ・デュッセルドルフ、スイス・バーゼルなどさまざまな場所でゲリラ的に行われてきた。フランスではパリのエッフェル塔の前で行い、警察に逮捕されてしまうトラブルにも見舞われたこともある。日本でモアレの前衛ヌードパフォーマンスが行われる日は来るか!?