· 

【作品解説】アンリ・ルソー「眠るジプシー女」

眠るジプシー女 / The Sleeping Gypsy

砂漠で深い眠りにつくジプシーとライオン


アンリ・ルソー「眠るジプシー女」(1897年)
アンリ・ルソー「眠るジプシー女」(1897年)

概要


作者 アンリ・ルソー
制作年 1897年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 129.5 cm × 200.7 cm
コレクション ニューヨーク近代美術館

「眠るジプシー女」は、1897年にアンリ・ルソーによって制作された油彩作品。129.5 cm × 200.7 cm。ニューヨーク近代美術館所蔵。

 

月光夜のもとで砂漠で眠っている女性に夢中になっているライオンを描いた幻想的な絵画。この絵に描かれている黒人女性は放浪のミュージシャンで、これといった明確な社会的位置を持っていない。

 

ルソーはこの作品についてこのような説明をしている。

「マンドリン演奏者である放浪の黒人女性が、水飲み瓶とマンドリンを側に置いて横たわっている。彼女は深い眠りについて疲れを癒やしている。ライオンが彼女の香りに誘われて近づいているが、食い殺す気配はない。非常に詩的な感じの月光の効果を与えている。背景は完全に乾燥した砂漠を設定している。ジプシーの女性は東洋の衣装を着ている。」

 

この作品は、1897年に開催された第13回サロン・デ・アンデパンダンで初めて展示され、一般に公開された。その後、ルソーのホームタウンであるフランス、ラヴァルの市長に販売予定だったがキャンセルとなり、代わりにパリの木炭商品が買い上げ長く個人蔵の状態にあった。

 

1924年にフランスの美術批評家のルイ・ヴォークセルがこの作品を発見。パリの画商として著名なダニエル・ヘンリ・カーンワイラーが1924年に作品を購入する。その後、オークションなどでさまざまな場所へ行きつつ、1939年にニューヨーク近代美術館が作品を入手して、現在に至る。