【美術解説】アルフレッド・シスレー「セーヌ川の風景画で知られる印象派画家」

アルフレッド・シスレー / Alfred Sisley

セーヌ川の風景画で知られる印象派画家


アルフレッド・シスレー《サン・マルタン運河》1870年
アルフレッド・シスレー《サン・マルタン運河》1870年

概要


生年月日 1839年10月30日
死没月日 1899年1月29日
国籍 イギリス
表現形式 絵画
ムーブメント 印象派
関連人物

クロード・モネルノワール

関連サイト WikiArt(作品)

アルフレッド・シスレー(1839年10月30日-1899年1月29日)はイギリスの画家。印象派。生涯の大半をフランス過ごしたが、国籍はイギリスである。

 

彼は首尾一貫して、戸外制作で、おもに風景画を描く印象派として知られている。

 

1857年から60年のロンドン滞在中に絵画に関心を持ち、パリのシャルル・グレールの画塾でモネ、ルノワール、バジールらと出会い、後に印象派展に参加した。

 

ルノワールやドガのように人物画を描くことは少なく、また画風を変化させることもなく、印象派の正当な様式を生涯維持続けた画家である。

 

セーヌ川を主題にした絵画シリーズが彼の代表作だが、実際に生涯の大半をセーヌ川下流域とロワン川の周辺の地にすみ続け、多くの風景画を制作した。

■参考文献

Alfred Sisley - Wikipedia


あわせて読みたい