【美術解説】カミーユ・コロー「私情豊かな風景画や肖像画」

カミーユ・コロー / Camille Corot

私情豊な風景画や肖像画を描く画家


カミーユ・コロー《真珠の女》1868-1870年
カミーユ・コロー《真珠の女》1868-1870年

概要


 

生年月日 1796年7月16日
死没月日 1875年2月22日
国籍 フランス
表現形式 絵画、版画
ムーブメント ロマン主義、写実主義
関連人物  
関連サイト WikiArt(作品)

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月16日-1875年2月22日)は、フランスの画家、版画家。風景画で知られる。

 

ロマン主義や写実主義の系譜にある画家だが、詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちに影響を与えた。特に、風景画において重要視されており、生涯に3000枚以上の作品を制作。

 

幼少期や若い頃のコローは、芸術に関心がなく、才能もなかったが、26歳頃に仕事をやめて芸術家へ転身する。1821年からおもに風景画を熱心に描き始めた。

 

コローの風景画は、古代と神話的生物を含む歴史的風景画と、おもに北欧の現実的な歴史画の2つのタイプがある。また、しばしば2つのタイプを混合して動植物を忠実に描いた。

 

ルネサンス絵画を学ぶためイタリアを旅行した際に、コローは田園の光に魅了され、パレットカラーにもその影響が現れるようになる。また、イタリアの女性にも関心を持ったが、コローは絵画に人生を捧げると決めていたので、生涯独身だった。

 

コローは、1840年代から偉大な画家として評判を得るようになり、1848年までにパリ・サロンの審査員に選出され、1867年にはサロンの役員にまで昇進する。晩年にコローはかなり豊かになった大器晩成型の芸術家だった。

 

コローは自身が築いた財産を周囲の友人たちや社会へ分かちあう慈善家でもあった。1871年に、コローは、パリの貧困層のために2000フランを寄付し、1年後に友で盲目で貧しい芸術家のオノレ・ドーミエのために家を購入した。さらに、友人の芸術家ジャン・フランソワ・ミレーのの未亡人の子どもたちの育児を支援するため1万フランを援助した。

略歴


幼少期


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月16日-1875年2月22日)は、フランスの画家、版画家。風景画で知られる。古典主義の系譜にある画家だが、詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちに影響を与えた。

 

ジャン=バティスト・カミーユ・コローは、1796年7月16日、パリのリュー・ド・バック125番地に住む裕福な家庭で生まれた。3人兄弟の次男だった。

 

父はウィッグ職人で、母は婦人帽子職人だった。ほかの同時代の芸術家と異なり、コローは両親の投資ビジネスがうまくいっていっていたため、生涯を通じて金に困ることはなかったという。

 

コローの両親は、結婚した後、母親が働いていた婦人帽子店を買収しし、父親はウイッグ職人をやめ、経営を始めるようになった。この店はパリジアンたちに人気の店となり、当時、コロー一家はかなりの収入を得ていたという。

 

コローはルーアンにあるリース・ピエール=コルネイユで学ぶための奨学金を得たが、学問的な困難だっため寄宿学校で学んだ。「優等生ではなかったし、1つも推薦状が得られなかった。」と話している。幼少から才能があり、芸術に強い関心を示していた多くの巨匠とことなり、1815年以前のコローはあまり芸術に関心がなかった。この頃、コローは父親の友人でだったセネガン一家のもとで生活し、自然の中を散歩して過ごすことが多かった。このような生活が後に、コローの風景画の礎となった。

 

コローは非常に恥ずかしがり屋だった。母親のサロンへよく訪れた美しい女性を目にすると、慌てて恥ずかしくなって逃げたという。コローは優しく行儀のよい子どもだった。母親を崇拝し、父親と話すときは震える事が多かった。

 

1817年にコローの両親が新しい住居へ引っ越しすと、21歳のコローは3階のドーマーウインドウのある部屋を自室兼アトリエとして利用した。


あわせて読みたい