【美術解説】カミーユ・ピサロ「印象派と後期印象派の両方で活躍」

カミーユ・ピサロ / Camille Pissarro

印象派と後期印象派の両方で活躍


カミーユ・ピサロ《田舎の幼い女中》1882年
カミーユ・ピサロ《田舎の幼い女中》1882年

概要


生年月日 1830年7月10日
死没月日 1903年11月13日
国籍 フランス
表現形式 絵画
ムーブメント 印象派、新印象派、後期印象派
関連人物 ジョルジュ・スーラ、ポール・ゴーギャン
関連サイト WikiArt(作品)

カミーユ・ピサロ(1830年7月10日-1903年11月13日)は、デンマーク植民地時代のセント・トーマス島で生まれたデンマーク系フランス人画家。印象派および新印象派の画家。

 

1874年から1886年の間に8度開催された印象派展すべてに参加した唯一の画家。ピサロの美術史における重要性とは、前期印象派と後期印象派の両方に貢献したことである。

 

ピサロは、ギュスターヴ・クールベやジャン=バティスト・カミーユ・コローなど、偉大な先駆者から学ぶ。その後、印象派展に参加しつつ、54歳で新印象派のスタイルを採用し、ジョルジュ・スーラとポール・シニャックらとともに印象派の発展に貢献する。

 

ピサロは、ジョルジュ・スーラ、ポール・セザンヌ、ヴィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャンら4大後期印象派の父親的立場としても活動。ポール・スザンヌは「彼は私の父のような存在だ。相談できる男で、良君主のようだった」と話している。また、ピサロはポール・ゴーギャンの絵の師匠でもあった。

 

美術史家のジョン・リウォルドは、ピサロを"印象派画家の学長"と呼び、グループで最年長だっただけでなく、知恵とバランスの取れた、親切で温かい人格の持ち主と評した。


■参考文献

Camille Pissarro - Wikipedia 


あわせて読みたい