· 

【Artpedia】エブリン・ハッチ「キャロルのモデルで「少女たちへ」の編集者」

エブリン・ハッチ / Evelyn Hatch

キャロルのモデルで「少女たちへ」の編集者


ルイス・キャロル撮影「ジプシーなエブリン・ハッチ」
ルイス・キャロル撮影「ジプシーなエブリン・ハッチ」

概要


生年月日 1871年
死没月日 1951年
国籍 イギリス
関わりのある芸術家 ルイス・キャロル
編集書籍 『少女への手紙』
配偶者  

エブリン・ハッチ(1871-1951年)はイギリス人女性。

 

チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のミューズモデルとして知られている。彼女は姉ベアトリスやエセルと同じく、ドジソンの小児ヌードモデルとなった数少ない女性の1人。ドジソンの少女の関係において現代での議論の的にもなっている。

 

彼女はドジソン死後に刊行された、ルイス・キャロル著『少女への手紙』の編集者でもある。

略歴


幼少期


エブリン・モード・ハッチは、1871年父エドウィン・ハッチと母エブリン・ハッチのあいだに生まれた。父エドウィン・ハッチは神学者で、作家であり、オックスフォードのセント・メアリー・ホール副長だった。のちの教会師の講師になった。

 

エブリンにはベアトリスとエセルの二人の姉がおり、自身の名前は母にちなんで同じ名前を付けられた。ほかに彼女にはアーサー・ハーバート・ハッチという兄がおり、彼はモルバーン大学の学寮長になっている。ハッチの一家はエドワード・バーン=ジョーンズやアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン、ウィリアム・モリスといった一流芸術家と交流のあるサークルに入っていた。

 

家族は1867年に北オックスフォードのノアハム・ガーデンズのバーブリー・ロード沿いにゴシック様式の邸宅を建てて生活をしていた。近隣には生物学者のトマス・ヘンリー・ハクスリー一家や著作家家オルダス・ハクスリー一家が住んでいた。

 

エブリンはオックスフォード女子高校に進み、そこで彼女は演劇などの課外活動に参加した。1879年にエブリンはシェイクスピアの『夏の夜の夢』の演劇に参加し、蜘蛛の巣の妖精を演じた。

ルイス・キャロルとの関係


姉らと同じくエブリンもまたドジソンの「小さなお友だち」となり、ドジソンと親密関係を深め、ドジソンは彼女を撮影した。

 

なお、ドジソンはつねに上流階級の家族の子どもに限ってのみ関心を示し、決して下流階級の子どもとは親しくなろうとしなかった。エブリン一家は中流の上の階級で、家族ぐるみでドジソンと付き合っていた。

 

姉妹のなかでも、エブリンと長女のベアトリスが特にドジソンの少女写真におけるミューズ的存在で、ヌード写真まで撮影するほど親しい仲である。エブリンよりも、長女のベアトリスのほうがドジソンの長いお気に入りだったといわれている。下の寝そべったエブリンのヌード写真は彼女が8歳のときのものである。もちろん彼女たちの母親に事前にヌード撮影の許可を得ている。

 

ドジソンはエブリンにカードやクマのぬいぐるみ、オルゴール、などさまざまなプレゼントを贈っている。週末や一泊旅行やピクニックでドジソンがエブリンを連れて行くことは珍しくなかったという。

Evelyn Hatch, as photographed by Dodgson on July 29, 1879. Colored by Anne Lydia Bond on Dodgson's instructions.
Evelyn Hatch, as photographed by Dodgson on July 29, 1879. Colored by Anne Lydia Bond on Dodgson's instructions.

成人後


1889年に父が死去すると、姉妹たちは政府から年金を支給して生活をするようになる。1897年にエブリンはアレクサンドラ・キッチンの花嫁介添人をする。

 

1927年にエブリンが出版した『ブルゴーニュの過去と現在』は、フランスのブルゴーニュ地方における歴史的ツアーとなり、「読みやすく、詳細で、信頼性が高い」と評判の高い記録誌となった。

 

ドジソンが亡くなり、大人になったエブリンは『少女たちへの手紙』とルイス・キャロルの手紙を編集した書籍を出版する。『ニューヨーク・タイムズ』はまた「アリス125」と名付けたキャロル基金のイベントへの出席にハッチと姉のベアトリスを記録している。

『A Selection From The Letters Of Lewis Carroll To His Child-Friends』
『A Selection From The Letters Of Lewis Carroll To His Child-Friends』
『A Selection From The Letters Of Lewis Carroll To His Child-Friends』の中身
『A Selection From The Letters Of Lewis Carroll To His Child-Friends』の中身
『ブルゴーニュの過去と現在』
『ブルゴーニュの過去と現在』

エブリンの写真に対する現代の解釈


エブリンの写真は2014年にテート・ギャラリーで開催された『さらされたビクトリアン・ヌード』展で展示された。

 

R.ニコル・ルージョーは2005年の論文で『ジプシーのエブリン』の写真について、「エブリンはブレイクの系譜を踏襲する存在で、写真の右上にある描かれているジプシーのキャンプの社会は実際には存在しない。彼女は景色の一部であり、知識の木として解釈できるものに寄り添っている。彼女は自身のセクシャリティに関する知識を模索しており、彼女の背後に描かれたキャンプは、最終的に水辺から離れ社会へ移行することをあらわしている」と批評している。

 

キャロルは子どもが「自然」にも「社会」のどちらにも属さない「永遠の運動状態」と考えていた。

 

キャロルはエブリンの乳首をぼかし、足を組むことで性器を意図的に隠しており、子どもに対する性については言及しておらず、キャロルの小児ヌードは無垢性を示唆している。

 

エブリンをこのような構図で撮影することで、彼女が単純な意味での子どもを意味するものではなく、架空の存在、キャロルの理想、決して、性的な意味を持たない女児を描写しているといえる。