【美術解説】フレデリック・バジール「風景に主題とする人物を置いた風景人物画」

フレデリック・バジール / Frédéric Bazille

風景に主題とする人物を置いた風景人物画


フレデリック・バジール《家族の再会》1868-1869年
フレデリック・バジール《家族の再会》1868-1869年

概要


 

生年月日 1841年12月6日
死没月日 1870年11月28日
国籍 フランス
表現形式 絵画
ムーブメント 印象派
関連人物 クロード・モネアルフレッド・シスレー
関連サイト WikiArt(作品)

ジャン・フレデリック・バジール(1841年12月6日-1870年11月28日)はフランスの画家。印象派。代表作の多くは、戸外制作で描いた風景画に、主題とする人物を置いた人物画である。

 

フレデリック・バジールは、フランスのラングドック=ルシヨン地域圏エロー県モンペリエに住む裕福なプロテスタントの家庭で生まれた。バジールの家族は、バジールが絵画を学ぶことに協力的だったが、医学の道もすすめた。

 

バジールは1859年に医学を学びはじめ、1862年にパリへ移る。そこでピエール=オーギュスタ・ルノワールアルフレッド・シスレーら印象派画家たちと出会ったのをきっかけに、シャルル・グレールの絵画教室に通いはじめる。

 

1864年に医学試験に失敗した後、バジールは本格的に画家になることを目指し、フルタイム絵画制作を行いはじめる。クロード・モネエドゥアール・マネらと親しくなり、もともと裕福だったバジールは、彼ら印象派の画家の仲間たちにアトリエのスペースや絵具などの制作素材を共有した。

 

バジールは、23歳のときに最も有名な作品《ピンクドレス》を制作している。描かれているモデルはバジールのいとこである。日暮れときの風景と後ろ向きの背中の女性像の組み合わせが印象的である。バルビゾン派の手法を使って構図を組み立てており、両端に薄暗い樹々を描くことで背景の街並みが明るく見える。ベスト作品は1867年から1868年に制作した《家族の再会》であるとされている。現在、ともにオルセー美術館が所蔵している。

 

バジールは、普仏戦争が勃発した1ヶ月後の1879年8月にズアーブ兵として兵役に就く。同年11月28日にボーヌ=ラ=ロランド戦線に参加し、将官が負傷したためバジールがドイツ軍攻撃の指揮をとるが、失敗。2度銃で負傷して28歳で死去。モンペリエの墓地に埋葬された。

《ピンクドレス》1864年
《ピンクドレス》1864年
《家族の再会》1867-1868年
《家族の再会》1867-1868年

■参考文献

Frédéric Bazille - Wikipedia ,2018年7月30日アクセス


あわせて読みたい