· 

【美術解説】インベーダー「ビデオゲームキャラを描くストリート・アーティスト」

インキー / Inkie

ブリストルで最も重要なグラフィティ・アーティスト


※1:Inkie – Mural
※1:Inkie – Mural

概要


生年月日 1969もしくは1970年
国籍 イギリス
ムーブメント ストリート・アートブリストル・アンダーグラウンド
公式サイト https://inkie.bigcartel.com/
※2:ミスター・ブレインウォッシュ
※2:ミスター・ブレインウォッシュ

インキーはロンドンを基盤にして活動する画家、ストリート・アーティスト。ブリストル、クリフトン出身。バンクシー3Dニック・ウォーカーとともにブリストルのグラフィティ・シーンを形作った芸術家の1人と評価されている。

 

インキーは1983年にクライム・インコーポレイテッド・クルー(CIC)で、フェリックスやジョー・ブラウンらとともに働きはじめる。1984年に、映画『ワイルド・スタイル』に影響を受け、フリーハンドでグラフィティを描きはじめ、本格的に活動を開始する。

 

インキーは1989年にイギリスで最大のグラフィティ一斉摘発「アンダーソン作戦」で逮捕されたアーティストたちの主犯格と当局からみなされている。

 

インキーはバンクシーとともに1998年、のちにブリストル・センターとなる場所で『Walls of Fire』フェスティバルを企画した。その後、インキーはビデオゲーム業界に入り、セガのクリエイティブ・デザイン部長をなどをつとめ、アクションゲーム『ジェットセットラジオ』の制作に携わっている。

 

インキーはバンクシーのに関する情報を集めた非公式ファンブック『HOME SWEET HOME』の刊行時のライブ・ペインティングに参加したアーティストの1人だった。インキーはグラフテック・アーティストとしてトレーニングを費やした時間を、クラシック・ミュージシャンのトレーニングにたとえている。

 

現在、インキーは子どもや大学生にアートやグラフィックデザインを教えている。



■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Inkie 2019年2月5日

BANKSY'S BRISTOL:HOME SWEET HOME

 

■画像引用

※1:https://www.widewalls.ch/artist/inkie/ 2019年2月5日