【美術解説】J.M.W.ターナー「イギリスロマン主義の風景画」

J.M.W.ターナー / J. M. W. Turner

イギリスを代表するロマン主義作家


《雨、蒸気、スピード》1847年
《雨、蒸気、スピード》1847年

概要


生年月日 1775年4月23日
死没月日 1851年12月19日
表現媒体 絵画、版画、水彩
スタイル ロマン主義
関連サイト

Tate(概要)

WikiArt(作品)

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775年4月23日-1851年12月19日)は、イギリスの画家、版画家、水彩画家。ロマン主義の作家。波が荒々しく、全体的に不穏さが感じる海洋風景画で知られている。

 

ターナーは、1840年頃からイギリスの有力批評家ジョン・ラスキンから支持されはじめ、現在では水彩風景画や海洋絵画における偉大なイギリスの巨匠と認識されており、またその鮮やかな光の描き方から、”光の画家”と言及されることがある。

 

ターナーは、当時のテクノロジーに関心を持っており、《雨、蒸気、スピード》では蒸気機関車が、《テレメアの戦い》では、蒸気船が描かれている。

 

ターナーは、ロンドンのコヴェント・ガーデンのメイデン・レーンで、謙虚な下流中産階級で生まれた。生涯をロンドンで過ごしたが、ターナーはコックニーなまり(イギリス労働者階級で話される英語)があったためか、有名になるのをひたすら避けて過ごした。

 

子どもの頃から絵がうまく、1789年、14歳のときに王立美術大学に入学し、大学で21歳のときに初個展を開催する。またこの時代、ターナーは建築設計の仕事もしていた。1804年に自身でギャラリーを開廊。1807年には大学で透視投影図法の教師となり、そこで1828年まで授業を受け持つ。

 

ターナーは、奇行が多い孤独な男性で、生涯を通じてによく物議を醸し出す人物だったという。生涯独身だったが、家政婦サラ・ダンビーとの間にヴァラインとジョージアナという二人の娘がいる。

 

年を取るにつれて悲観的で気難しい性格になっていったが、特にターナーの父親が死んでから、その傾向は強まった。経営していたギャラリーは放置状態になり、荒廃する。1845年から健康状態が悪化し、1851年76歳でロンドンで死去。ロンドンのセント・ポール大聖堂に遺体は埋葬された。

 

生涯に2000点以上の絵画、1万9000点のドローイング作品やスケッチを残している。

略歴



関連書籍