· 

【Artpedia】作品解説 | カラヴァッジオ「ホロフェルネスの首を斬るユディト」

ホロフェルネスの首を斬るユディト / Judith Beheading Holofernes

カラヴァッジオ版ユディト


《ホロフェルネスの首を斬るユディト》1598年から1599年。Wikipediaより。
《ホロフェルネスの首を斬るユディト》1598年から1599年。Wikipediaより。

概要


作者 カラヴァッジオ
制作年 1598年から1599年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 145 cm × 195 cm
コレクション ローマ国立古代美術館

《ホロフェルネスの首を斬るユディト》は1598年から1599年にカラヴァッジオによって制作された油彩作品。未亡人ユディトがシリアの将軍ホロフェルネスを誘惑し、呼び寄せられた彼のテント内で首をはねる場面を描写したものである。本作品は1950年に再発見されたもので、現在はローマ国立古代美術館が所蔵している。

2014年に発見されたセカンドバージョン


《ホロフェルネスの首を斬るユディト Ⅱ》1606年から1607年。Wikipediaより。
《ホロフェルネスの首を斬るユディト Ⅱ》1606年から1607年。Wikipediaより。
作者 カラヴァッジオ
制作年 1606年から1607年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 144 cm × 173.5 cm
コレクション 個人蔵

《ホロフェルネスの首を斬るユディト Ⅱ》は1606年から1607年にカラヴァッジオによって制作された油彩作品。2014年にフランスのトゥールーズの民家の屋根裏でカラヴァッジオの《ホロフェルネスの首を斬るユディト》のセカンドバージョンが発見された。

 

その後、5年に及ぶ長い真贋の検証が行われる一方で、フランス政府は作品の海外流出を防ごうとしていた。

 

2019年2月、ルーブル美術館は1億ユーロ(約1億1200万ドル)で本作品を購入する意向があることを告知したが、2019年6月27日にトゥールーズで開催される民間オークションで競売にかけられることが発表された。