· 

【作品解説】バンクシー「子猫」

廃墟と陽気な子猫 / Kitten

廃墟化したガザと陽気なネットの子猫たち


概要


作者 バンクシー
制作年 2015年
場所 ガザ北部ベイトハヌーン

『子猫』は2015年初頭ころにバンクシーによって制作されたグラフィティ作品。2014年夏、7週間におよぶイスラエルの軍事攻撃の受け廃墟化したガザ地区の家の壁に描かれている。

 

バンクシーは廃墟になったガザ北部ベイトハヌーンを訪れ、現地の様子を撮影し、またいくつかグラフィティ作品を制作している。『子猫』はそうした状況で制作された作品の1つである。

 

廃墟となったガザに突如出現したバンクシーの陽気な子猫の絵は、周囲の空間と対照的でありシュルレアリスム的な情景が漂っている。

 

バンクシーは子猫の絵についてウェブサイトで意図を説明している。

 

「地元の人が来て「これはどういう意味だ?」と聞いてきた。私はこう答えた。インターネットの人々は破壊されたガザの廃墟は置き去りにして、子猫の写真ばかりを見ている。だから自分のサイトで悲惨なガザ地区の現状と対照的な陽気な子猫の絵を描き、そのギャップでガザ地区の現状を伝えたかった。」

 

バンクシーがガザの現状をレポート


バンクシーは、2015年2月27日に自身のサイトに約2分のガザ訪問時に撮影したビデオをアップロードして、国際的な注目を集めた。

 

2014年夏の7週間におよぶイスラエルの軍事攻撃の被害を受けた小さな地区でのパレスチナ人の現在の窮状と苦しみに光を当てた内容となっている。

 

このビデオでは、ガザ地区で破壊された建物の一部に描いたバンクシーのグラフィティ・アートといくつかの壁に赤い文字で描かれた文章に焦点を当てている。

 

「強者と弱者の間での紛争から私たちが身を引くことは、結果として私たちは強者の味方になったことになる。われわれは中立性を維持していない。」

バンクシーがガザで制作した最も印象的なグラフィティ・アートが、破壊された家と思われる壁に描いた子猫の絵だった。なお、子猫の絵以外にも3点ほどグラフィティ・アートが制作されている。

 

バンクシーのグラフィティ・アートは、避難所や供与された金属製のキャラバンで住んでいる家族が多数滞在する荒廃したベイトハヌーンで制作されている。2014年夏にイスラエルの軍事攻撃で約10万の家屋が破壊されたり、多大な損害を受けた町だ。

 

「Bomb Damage」:ロダンの「考える人」を本来の意味を無効化して、被曝に苦しむ人々に置き換えられている。
「Bomb Damage」:ロダンの「考える人」を本来の意味を無効化して、被曝に苦しむ人々に置き換えられている。
イスラエルの監視塔にぶらさがって遊んでいる子どもたちの絵
イスラエルの監視塔にぶらさがって遊んでいる子どもたちの絵

バンクシーが絵を描いた同時期に、「アクティビスティル」のカメラマンや、「ミドル・イースト・アイ」のジャーナリストのアン・パックやバーゼル・ヤズーリらは、パレスチナ避難民の生活を記録していたが、そのときに彼らはバンクシーがビデオを公開する一週間前に子猫のグラフィティ・アートに気がつき、写真を撮影していた。

 

 

彼らが撮影した写真は子猫の絵が描かれた壁の背後、わずか数メートルの場所に住むパレスチナ人家族の生活を説明している。彼らは去年の夏のイスラエルの攻撃の間、他の多くの人と同じように家を失ってから極度の貧困下とぞっとするような環境で暮らしている。

国際支援団体を動かす


バンクシーのビデオが公開された同日、30もの国際支援団体は、パレスチナの被災者の生活の再建と紛争問題の解決の進展の声明を出した。


バンクシーが描いた陽気な子猫の絵は、周囲の環境から場違いのように見えたが、結果として国際的なメディアの関心を誘い、国際援助組織を動かすきっかけとなった。