· 

【作品解説】グスタフ・クリムト「接吻」

接吻 / The kiss

クリムトの代表作


※1:《接吻》1907-1908年
※1:《接吻》1907-1908年

概要


作者 グスタフ・クリムト
制作年 1907-1908年
メディウム 油彩、金箔、キャンバス
サイズ 180 cm × 180 cm
コレクション ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館

《接吻》は1907年から1908年にかけて、オーストリアの画家グスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。金箔が使われている。現在、ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリー)が所蔵している。

 

180cm✕180cmの正方形キャンバス上に抱き合う男女が描かれている。二人の身体にはアール・ヌーヴォーや初期アーツ・アンド・クラフツ運動で見られた有機的なフォルムと輪郭線が描かれ、また装飾的で精巧なローブで包まれ絡み合っている。男性のローブは長方形の模様が、女性のローブには円形の模様が描かれている。

 

男女は色彩豊かな花畑に立っているが、花畑のふちに立っており崖のように見え、見る者に不安を与える。

 

クリムトの“黄金時代”を代表する作品であり、クリムトの最も有名な作品であり、ウィーン分離派、ウィーン・アール・ヌーヴォーの代表的な作品でもある。1908年の総合芸術展「クンストシャウ」(ウィーン)で大好評を博し、展覧会終了と同時にオーストリア政府に買い上げられた。

 

愛、親密性、エロティシズムはクリムト作品におけつ共通した主題である。《ストックレー・フリーズ》と《ベートーヴェン・フリーズ》はクリムトの親密な恋愛感情に焦点を置いた代表的な作品である。どちらの作品も《接吻》の前身であり、抱擁するカップルの姿を描いている。


モデル


本作品のモデルは、一般的にはクリムトと愛人のエミーレ・フレーゲとされているが、確たる証拠や記録は特に残っておらず定かではない。《金魚》や《ダナエ》や《羽毛の女性》などに描かれている“赤毛のヒルダ”という女性であると主張するものもいる。

※2:「ダナエ」
※2:「ダナエ」
※3:「金魚」
※3:「金魚」

装飾芸術と近代美術の同居


クリムトは中央に親密に固定された二人を描き、一方で周囲は揺らめきながら解体していくような退廃的な空間を描いている。金色の平坦な背景に対して、閉じるような親密な抱擁をするカップルの姿を描いているともいえる。

 

これはドガをはじめモダニストたちの作品の本質である近代美術における写実性と平面性という2つの矛盾した要素が同居したものである。

 

構図の引用元は19世紀のロマン主義画家フランチェスコ・アイエツの《接吻》である。

※4:フランチェスコ・アイエツ《接吻》1859年
※4:フランチェスコ・アイエツ《接吻》1859年

金箔の使用は、中世の金台絵画や装飾写本、初期モザイク画を想起させ、また螺旋模様は古典時代以前の西洋絵画で見られた装飾的な巻きひげを想起させる。

 

男性の頭部はキャンバス上部ギリギリに描かれているが、これはヨーロッパの古典絵画の描き方からは逸脱したもので、おそらく日本画の影響が反映されている。

 

クリムトの作品の中には琳派の様式が見られる。琳派とは、尾形光琳、乾山らが完成させた装飾的で意匠性に富んだ様式である。琳派の画家達が描いた渦巻き紋様、流水文様、藤・鱗・唐草の文様に大きな影響を受けている事がわかる。

 

クリムトが金箔を使いはじめたきっかけは、1903年のイタリア旅行がきっかけであるとも言われている。ラヴェンナを訪れた際、クリムトはサン・ヴィターレ聖堂のビザンツ様式のモザイク画に感銘を受けたという。

 

クリムトにとってモザイク画の平面性や遠近法や奥行きの欠如は、金色の輝きを強調するものと感じ、その後クリムトは金箔や銀箔の葉など今までにない要素を作品に取り入れるようになったという。

※5:尾形光琳《紅白梅図屏風》
※5:尾形光琳《紅白梅図屏風》
※6:「今様蛍狩りの図(部分)」渓斎英泉
※6:「今様蛍狩りの図(部分)」渓斎英泉

※7:サン・ヴィターレ聖堂のビザンツ様式のモザイク画。
※7:サン・ヴィターレ聖堂のビザンツ様式のモザイク画。

世紀末の退廃したウィーンを表現


また、当時のウィーンの人々の精神状態を男女の愛に置き換えて視覚的に表現したものでもあるといわれる。滅亡寸前にある退廃的なウィーンの雰囲気が表現されている。その一方、当時のウィーンでは一部の富裕層は豪奢性や快楽性をひたすら追求していた。

評価


クリムトは「ポルノグラフィック」としてスキャンダルを引き起こしたウィーン天井画シリーズの直後に《接吻》を制作している。

 

ウィーン天井画はクリムトの反独裁主義者、および芸術における反大衆主義の無思慮な芸術家としてのアイデンティティを見つめ直すきっかけとなった。クリムトは「すべての人を喜ばせる芸術を作る必要はない。数人のみが喜べばいい」と自身の芸術について書いている。

 

しかしながら、《接吻》が一般公開されると、思いのほか評判がよく、特に政府は好意的に作品を受け止め、未完成にも関わらず作品の購入を決めた。

《接吻》に関するアートグッズ




■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Kiss_(Klimt) 2019年1月16日

 

■画像引用

※1:https://en.wikipedia.org/wiki/The_Kiss_(Klimt) 2019年1月16日

※2:https://en.wikipedia.org/wiki/Dana%C3%AB_(Klimt_painting) 2019年1月16日

※3:https://www.pubhist.com/w22533 2019年1月16日

※4:https://en.wikipedia.org/wiki/The_Kiss_(Klimt) 2019年1月16日

※5:http://www.moaart.or.jp/collections/053/ 2019年1月16日

※6:http://www.ukiyo-e.jp/japonisme/10 2019年1月16日

※7:https://en.wikipedia.org/wiki/The_Kiss_(Klimt)