· 

【作品解説】ルネ・マグリット「人の子」

人の子 / The Son of Man

緑のリンゴで隠された男


《人の子》1964年
《人の子》1964年

概要


作者 ルネ・マグリット
制作年 1964年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 116 cm × 89 cm
コレクション プライベートコレクション

《人の子》は、1964年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。マグリットはこの作品をセルフ・ポートレイトとして位置づけている。

 

海と曇り空を背景にして、低い壁の前にオーバーコートと山高帽を身につけた男が立っている絵である。男の顔の大部分は緑のリンゴで隠されている。しかしながら、男の目は緑のリンゴの端からチラッとのぞくように目が出ている。この絵のなかでもうひとつ不思議な箇所は左腕の関節が後ろに曲がっているように見えるところである。

 

マグリットはこの絵についてこのようなコメントを残している。

 

「少なくとも、それが顔であることは分かっているものの、リンゴが顔全体を覆っているため、部分的にしかわかりません。私たちが見ているものは、一方で他の事を隠してしまいます。私たちはいつも私達が見ることで隠れてしまうものを見たいと思っている。人は隠されたものや私たちが見ることができない事象に関心を持ちます。この隠されたものへの関心はかなり激しい感情の形態として、見えるものと見えないものの間の葛藤となって立ち合われるかもしれない。」

類似作品


《人の子》とよく似たマグリットのほかの作品に《世界大戦》がある。両方とも共通して海が見える壁の前に立っているが「世界大戦」のほうは女性で、手に傘を持ち、顔はすみれで隠されている。

 

ほかに似た作品では《山高帽の男》があり、こちらは人の子と同じ山高帽の男性でだが、顔はリンゴではなく鳥で隠されている。

《世界大戦》
《世界大戦》
《山高帽の男》
《山高帽の男》

ポップカルチャーと「人の子」


・アレハンドロ・ホドロフスキーの『ホーリー・マウンテン』で、富豪の1人の家の中に「人の子」が飾られている。

 

・アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の第一話で《人の子》から影響を受けた演出が見られる。

 

・映画『トーマス・クラウン・アフェアー』でルネ・マグリットの絵が現れ、また全体的にマグリットの影響が濃く見られる。

 

・ノーマン・ロックウェルの作品『ミスター・アップル』というマグリットから引用した作品がある。

『魔法少女まどか☆マギカ』第一話の魔女との戦闘シーン。
『魔法少女まどか☆マギカ』第一話の魔女との戦闘シーン。
映画『トーマス・クラウン・アフェアー』
映画『トーマス・クラウン・アフェアー』
『ホーリー・マウンテン』富豪芸術家の家(左下)。
『ホーリー・マウンテン』富豪芸術家の家(左下)。
ノーマン・ロックウェル『ミスター・アップル』
ノーマン・ロックウェル『ミスター・アップル』