· 

【美術解説】猫将軍「欲望的モチーフを美しく表現」

猫将軍 / Nekoshowgun

欲望的モチーフを美しく表現


画像引用:http://nekoixa.com/2013.phpより
画像引用:http://nekoixa.com/2013.phpより

概要


生年月日 1982年10月3日
出身地 和歌山県
表現媒体 ペインティング、ドローイング、イラストレーション、キャラクターデザイン
公式サイト http://nekoixa.com

猫将軍(1982年10月3日生まれ、和歌山在住)は、日本のイラストレーター、キャラクターデザイナー。

 

鉛筆や木炭、シャープペンシルを使って、昆虫、動物、女性、宝石、肉といった本来は「欲望」を象徴するモチーフを反発するようにグロテスクで暴力的で死を感じさせる形態にして描き出す

 

意図的にモノトーン部分とカラー部分をはっきり分け、作品全体に色は乗せないないことで、コラージュ作品のような不安定な雰囲気を作り出そうとしている。

 

個性的なポージングやダイナミックな構図は、荒木飛呂彦や天野喜孝、寺田克也など日本のマンガ家やイラストレーターからの影響が大きい。ほかに、パッケージデザイナーの父が好きだったマウリッツ・エッシャーサルバドール・ダリの作品からの影響もある。

 

猫将軍という名前の由来は中国の神様の名前から来ている。音の響きやフレーズが好きで、また覚えてもらいやすくて言いやすいため付けたという。特に猫が好きで名付けたわけではない。ちなみに猫将軍は犬派であり、また「もちたろう」という名前のトカゲのペットを飼っている。

活動履歴


猫将軍は高校を卒業したあと、自分の描いた絵をホームページに掲載しはじめ、2004年にFM802アートオーディション「digmeout」をきっかけとして、定期的にグループ展や個展など絵の展示活動をはじめる。

 

2007年ころからニコニコ動画の「〜を描いてみた」シリーズで動画を投稿しはじめてからネット上で注目を集めるようになる。ニコニコ動画のハンドルネームはlaich777である。

 

2014年にはこれまでのイラスト作品などを掲載したイラストブック「ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK 猫将軍」を出版し、さらに知名度を高めた。

 

また、氷室京介の『WARRIORS』や『シド』のPV内イラストなど音楽関係をはじめ、ゲームのキャラクターデザイン、ゲームアニメーション、映画の登場人物などで活動ジャンルが幅広い。

 

2016年には読売新聞夕刊連載小説「R帝国(作:中村文則)」の挿絵、また同作品単行本の表紙絵を担当する。

 

2017年には、島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』講談社文庫、アダム・ロバーツ『ジャック・グラス伝─宇宙的殺人者─』早川書房、吉川英梨『葬送学者R.I.P.』河出文庫らの表紙絵を担当する。

 

個展は関西ではおもにDMOARTS、東京ではヴァニラ画廊で開催している。

中村文則『R帝国』中央公論新社 表紙絵
中村文則『R帝国』中央公論新社 表紙絵
島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』講談社文庫 表紙絵
島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』講談社文庫 表紙絵

個展

・2019 「NEKO」DMOARTS(大阪)

・2018 「DUNGEON」ヴァニラ画廊(東京)

・2015 「SHOW AT HIVE」DMOARTS(大阪)

・2013 「Appetite for Madness」DMOARTS(大阪)

・2012 「Nekoixa」DMOARTS(大阪)

・2011 「Beasts 」DMOARTS(大阪)

・2009 「DELICIOUS」digmeout ART&DINER(大阪)

・2008 「NekoshowguN Exhibition」acrimony (LA)

・2006 「crazy&classy」digmeout CAFE(大阪)

その他の活動

・2016 「虚ろの国のアリス展」ヴァニラ画廊(東京)

    「お相撲展 大阪場所」digmeoutART&DINER(大阪)

    「幽霊画廊Ⅲ 冥界のジャスパー」ヴァニラ画廊(東京)

    「101人TEN」クニオギャラリー(大阪)

・2015 ライブドローイング SHOP digmeout/渋谷ロフト・2014 作品集&メイキングブック「ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK 猫将軍」 (翔泳社)

・2012 氷室京介「WARRIORS」ジャケットイラスト/CMアニメーション (ワーナーミュージック・ジャパン)

・2011 ゲーム「ロリポップチェーンソー」キャラクターデザイン(角川ゲームス&グラスホッパー・マニファクチュア)

・2003~ ゲーム「GUITARFREAKS」「drummania」シリーズクリップイラスト(KONAMI)Exhibition」acrimony (LA)

・2006 「crazy&classy」digmeout CAFE(大阪)

 


■参考文献

猫将軍-Wikipedia 2019年3月29日アクセス

・「ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK 猫将軍」(翔泳社)

猫将軍展「DUNGEON」作家インタビュー 2019年3月29日アクセス

猫将軍展「NEKO」作家インタビュー 2019年3月29日アクセス

猫将軍WORKS 2019年3月30日アクセス