· 

【美術解説】サザビーズ「ロンドン発アメリカに本社を置くオークション会社」

サザビーズ / Sotheby's

ロンドン発アメリカに本社を置くオークション会社


概要


事業内容 競売業、専門小売業、投資
設立 1744年3月11日、ロンドン
創設者 サミュエル・ベイカー、ジョン・サザビーズ、ジョージ・リー
本社 ニューヨーク
支社 90ヶ所
展開地域 世界40カ国
事業部制

サザビーズ・ニューヨーク

サザビーズ・ロンドン

サザビーズ・香港

サザビーズ・モスクワ

小会社

サザビーズ・インターナショナル・リアルティ

サザビーズ・ダイアモンド

サザビーズ美術大学

サザビーズ・ワイン

サザビーズ美術倉庫会社

公式サイト

sothebys.com

サザビーズはイギリスで創設され、ニューヨークに本社を置くアメリカの多国籍競売企業。ファインアート、装飾芸術、宝飾品、不動産、そのほかさまざまな高級蒐集品における世界で最も大きなブローカー。創業者の一人ジョン・サザビーズ(1740-1807)の名前が社名の由来となっている。

 

サザビーズの事業は、「オークション」「投資」「販売業」の3つの事業に分かれており、企業との取引からプライベートな顧客との直接取り引きまで幅広い。

 

サザビーズは世界40カ国に90の拠点を持つ、世界で4番目に古い競売会社である。2016年12月時点では同社は世界中に1617人の従業員を雇用している。2011年には58億ドルの売上を上げ世界で最も大きな美術業者となった。

 

サザビーズは1744年3月11日、ロンドンで設立された。1955年にロンドンからニューヨークへオークションハウス事業を拡大、1973年に香港、1992年にインド、2001年にフランス、そして2012年に中国で最初の国際的なオークションハウスを設立した。

 

1983年8月にアメリカのミシガン州ではじめてアメリカの持株会社「サザビーズ・ホールディングズ」が設立された。2006年6月、サザビーズの持株会社はデラウェア州に移転し、サザビーズと社名を変更した。2016年7月、中国の大手保険会社の泰康人寿保险股份有限公司(Taikang Life Insurance)が最大の株主となっている。

 

本社はアメリカにあるがサザビーズはイギリスで巨大な存在感を保っており、イギリス事業はダルメニー卿が統率している。

 

2019年6月、サザビーズは61%のプレミアムを乗せた価格で実業家のパトリック・ドライに買収されると発表した。

歴史


公開会社まで


サザビーズはサミュエル・ベーカーがジョン・スタンリー・アルダリー男爵の書庫から「数百冊単位の価値の高い」本を処分を統括するにあたって、1744年3月11日にロンドンで設立された。当時は彼自身の名前のもとでオークションを開催した。スタンリー卿の書籍の総額は826ポンドに達したという。

 

サザビーズより古いオークションハウスは、スウェーデンに3つあり(ストックホルム・オークションハウス、イェーテボリ・オークションハウス、ウプサラ・オークションハウス)、サザビーズ・ロンドンはヨーロッパで4番目に古いオークション会社となり、その後、クリスティーズが1759年に設立された。

 

ベイカーは魅力的な広告キャンペーンを企画し、権威性の高いオークションカタログを作成している。当時の同僚によれば、サミュエルは梅色のコートを好む楽しい仲間だったという。

 

約1世紀以上の間、ベイカーと彼の後継者たちはオークションで扱うおもな仕事は、サンダーライド伯爵、ホープタウン、ペンブローク、デヴォンシャー侯爵、ヨーク、バッキンガムなど巨大な図書館や書庫内に残った本を売りさばくことだった。ナポレオンの死後、サザビーズはセントヘレナ島に残った本の売買も行った。ナポレオン関係の最後の出品物は皇帝のべっ甲と金のステッキだった。

 

1767年に、ベイカーはジョージ・リーとパートナーシップを結ぶ。リーは役者感覚が優れた自然なオークショナーだった。彼が使っていたアイボリーのハンマーはまだサザビーズ・ロンドンのギャラリーに展示されている。

 

1778年にベイカーが死去すると、彼の遺産は甥のジョン・サザビーズは同僚のジョージ・リーの間で分割され、2人はとともに独自の書籍オークション事業を行うようになる。

 

ジョージ・リーは未婚で1816年に死去すると、サザビー一家のもとでオークションハウスは、取扱分野を版画、メダル、硬化、骨董品などへと広げていった。なお、サザビーズという名称はサミュエル・ベーカーの甥であるジョン・サザビーズから由来している。このころはまだ美術はあまり取り扱っていなかった。

 

1861年にサザビー家がとだえたのちは社名だけが残り、経営者が転々と変わる。1842年に上級会計士のジョン・ウィルキンソンがパートナーとなり、1861年にサザビー一家に後継者がいなくなると彼が事業の新しいCEOに就任することになった。3年後、ウィルキンソンはエドワード・グロス・ホッジと引き立て会社名を1924年までサザビーズ、ウィルキンソン、ホッジに変更した。

 

美術品でサザビーズが最初の大きな成功はフランス・ハルスの絵画を9000ギニーで販売した1913年で、かなり遅い。

 

1917年、サザビーズはウェリントン・ストリート13から、今日までのロンドンの拠点となるニューボンドストリート34−35へ移転した。その後、すぐにロンドンオークション市場のリーダーとしてクリスティーズに匹敵するようになり、最も重要なアートオークションハウスと認識されるようになった。

 

1955年、サザビーズはニュヨークのボウリング・グリーンにニューヨーク支部を開設。1964年、サザビーズは当時のアメリカ最大の美術競売会社であるParke-Bernetを買収。翌年、サザビーズはニューヨークのマディソン・アベニュー980番地へ移る。

 

アート・オークションの国際的な人気が上昇するにつれ、1967年にサザビーズはパリとロサンゼルスに支部を開設し、1973年に香港、1988年にモスクワで初めてのオークションハウスを開設した。

■参考文献

https://www.sothebys.com  2018年12月10日アクセス

https://en.wikipedia.org/wiki/Sotheby%27s 2018年12月10日アクセス