画家 · 19日 7月 2019
ゲイリー・ベイスマン(1960年9月27日生まれ)はアメリカの現代美術家。ファインアートだけでなくイラストレーション、トイ、デザイン、アニメーションなどさまざまなフィールドで活動している。 エミー賞を受賞したウォルト・ディズニー・テレビジョン製作のTVシリーズ『ティーチャーズ・ペット』や、ボードゲーム「Cranium」のキャラクターデザインでよく知られている。 ベイスマンの美学はイコン的なポップ・アートのイメージや戦前・戦後のビンテージモチーフ、異文化神話、文学、深層心理の元型的なものを組み合わせたものである。

実業家 · 18日 7月 2019
ベルナール・アルノー(Bernard Arnault, 1949年3月5日 - )は、フランスの実業家、アートコレクター。「フランス・ファッション界の帝王」の異名を持つ。 1989年からルイ・ヴィトンの取締役会長兼CEO (PDG) を務める。2015年3月に「フォーブス」が発表した富豪ランキングでは370億ドル(4兆円)の資産を有しており、世界で13位となっている。2019年にビル・ゲイツを抜いて世界で2番目の富豪となった。 アートコレクターとして知られており、ピカソ、ヘンリ・ムーア、アンディ・ウォーホル、イヴ・クラインなどの作品を中心に収集している。またフランス芸術の重要なパトロンとして、ルイ・ヴィトンの確立に尽力している。日本人アーティストでは村上隆のコレクターである。 2006年にベルナール・アルノーはルイ・ヴィトン財団美術館を創設。グッゲンハイム美術館をデザインしたことで知られる建築家フランク・ゲーリーが、美術館のデザインを担当して話題になった。

イラストレーター · 16日 7月 2019
Zihling(黄子玲)は、台湾在住のフリーランス・イラストレーター。台湾を中心に展示活動、また自主制作の作品集や商業企画の書籍を出版している。現在の台湾アンダーグラウンド、およびロリータ・シーンで最も有名なイラストレーターの1人。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『四季』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作された装飾パネル画。ミュシャの初めての装飾パネル画。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジスモンダ』は1894年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター。ミュシャが初めて制作したポスターであり、ミュシャの出世作。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『夢想』は1897年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたリトグラフ作品。この作品も『黄道十二宮』と並んでミュシャ作品のなかで人気が高いものの1つで、何度も再販され、ヴァージョン数も数多く作られている。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『黄道十二宮』は1896年にアルフォンヌ・ミュシャによって制作されたリトグラフ。ミュシャ作品において最もよく知られている作品である。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジョブ』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター作品。広告ポスターの代表的作品。誇張された豊かな女性の髪のは“ミュシャ・ウーマンの象徴的なイメージともなった。...

作品解説 · 07日 7月 2019
バンクシーの代表的な作品についての解説です。《風船と少女》やネズミの作品などについて。

ストリート・アート · 07日 7月 2019
バンクシーはイギリスを基盤に活動している匿名の芸術家。現在は世界を舞台に神出鬼没を繰り返しながら活動することが多い。アート・ワールドにおいてバンクシーは、おもにストリート・アート、パブリック・アート、政治活動家として評価されている。ほかに映画制作もしている。 バンクシーの風刺的なストリート・アートや攻撃的なメッセージは、独特のステンシル技法で描かれるグラフィティ絵画とダークユーモアが一体となって表現される。政治的であり社会的な批評性のあるバンクシーの作品は、世界中のストリート、壁、橋に描かれている。 バンクシーの作品は芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。そのスタイルは、1981年にパリでステンシル作品を始めた3Dとよく似ていることが指摘されている。バンクシーによれば、のちに音楽グループ「マッシヴ・アタック」のメンバーとなった3Dから影響を受けているという。 バンクシーは、自身の作品を街の壁や自作の小道具的なオブジェなど誰でも見える公共空間に展示する。ストリート・アートの複製物や写真作品を販売することはないが、

さらに表示する