画家 · 03日 5月 2019
高松和樹(1978年生まれ)は日本の画家。アメリカのロウブロウ・ポップシュルレアリムシーンで最も活躍している日本のアーティスト。サルバドール・ダリと同じく「天才」を自負する。 漆黒の背景にモノクロームの多重レイヤーを通じて描かれる銃や刀を持つ少女の絵が特徴。海外では日本の自然の驚異や漫画文化、高度に発展した科学技術と関連した"東洋的なエロティシズム”を表現していると評価されている。 高松和樹は2011年に発生した東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県仙台市で生まれた。2001年に東北芸術工科大学を卒業し、2009年より日本ではギャラリー戸村を基盤に個展やアートフェアで作品を展示。 2013年よりアメリカやイタリアなど海外で積極的に活動をはじめ、ロウブロウ雑誌『Juxtapoz』や『Hi-Fructose』などでも定期的に特集されており、ロウブロウ・ポップシュルレアリスムの作家としての知名度を高めている。 現在は仙台を拠点にして制作している。これまで世界14カ国、41都市で展覧会を200回以上開催。 また、独立美術協会会員、宮城県芸術協会 運営委員、東北芸術

書籍 · 03日 5月 2019
「Hello, Here I am」は、2015年2月26日にDrago社から刊行された高松和樹の1st作品集。2015年2月にイタリア・ローマにあるポップ・シュルレアリスム系のギャラリーDorothy Circus Galleryで開催された高松和樹の個展「Hello Here I Am」の図録集ともなっている。 日本未発売、限定商品で現在Amazonマーケットプレイスで、おおよそイギリスとアメリカ経由で入手可能。価格も今のところ安価。入手はお早めに。

書籍 · 29日 4月 2019
『シュルレアリスムとは何か』(ちくま学芸文庫)は、文学者で美術評論家の巖谷國士によるシュルレアリスムの解説書。 さまざまなシュルレアリスム用語を断片的に解説するのではなく、シュルレアリスムの歴史に沿いながら、「いつ」「どこで」「どのような経緯で」「この技法が生まれた」と順序立てて解説するのが本書の特徴である。 1919年に「自動記述」がはじまり、その後、断続的に実験が繰り返され、1924年に『シュルレアリスム宣言』が発表され、パリでシュルレアリスム運動が始まる。当初は文学中心だったが「コラージュ」や「デペイズマン」を通して美術の世界でもシュルレアリスムが広がり、運動がピークに達する1929年、この10年間に起きた出来事を順番に読み取ってゆくことで、シュルレアリスムを深く理解できる構成になっている。

ストリート・アート · 27日 4月 2019
《小さな植物と少女》は2019年4月末にロンドンのマーブル・アート付近の壁に描かれた作品。描かれた場所は環境保護団体「Extinction Rebellion(絶滅暴動)」が4月15日から2週間におよぶ抗議を行っている場所である。 小さな植物とExtinction Rebellionのロゴが描かれた小さなプラカードを手に持って座っている少女が描かれており、絵の隣には「From this moment despair ends and tactics begin(この瞬間から絶望は終わり作戦は始まる)」という文字が書かれている。

現代美術 · 24日 4月 2019
ジェフ・クーンズ(1955年1月21日生まれ)はアメリカの芸術家。ポップカルチャーを主題と、表面に鏡面処理を施したステンレス製のバルーン・アニマルといったシンプルなオブジェ作品でよく知られる。 クーンズはアメリカにおけるキッチュ性を最もよく表現した作家の1人である。現在ニューヨーク市とペンシルヴァニア州ヨークにある自宅の両方で活動している。 現在、ニューヨークと彼のホームタウンである。ペンシルバニア州のヨークの両方で作品を制作している。 現役で活動している現代美術家の中で、オークション市場で最も高価格で取引される作家の1人としても知られいている。2013年11月に、クーンズの《バルーン・ドッグ(オレンジ)》は、クリスティーズがニューヨークで開催した「戦後美術と現代美術セール」で、5,840万ドル(約60億円)で落札された。

作品解説 · 14日 4月 2019
《1967年ニュージャージ州ローゼルの一卵性双生児》は、1967年にダイアン・アーバスによって撮影された写真作品。 ダイアン・アーバスは社会の末端に存在するアウトサイダーな人々を撮影することで知られている。彼女はよくローライ製の中判二眼レフカメラを使って、ウエストレベル‐ファインダー形式の正方形写真を撮影していた。 アーバスにとってこの撮影方法は、標準的な目の高さのビューファインダーとは異なる方法で被写体に接触するのによかったという。 本作品はコーデュロイ製のドレスを着て、白タイツを履き、黒髪に白いヘアバンドを付けて並んでいる一卵性双生児の双子の少女(キャサリン&コリーン・ウェイド)の写真である。2人ともカメラを正面からじっと見つめているが、1人は少し微笑んでおり、もう1人は眉をひそめている。

写真 · 14日 4月 2019
ダイアン・アーバス(1923年3月14日-1971年7月26日)はアメリカの写真家、作家。 ジョエル・ピーター・ウィトキンと同じく、小人、巨人、両性具有者、身体障害者、双子、見世物小屋芸人など、アウトサイダーな人々や隔離的な場所に押し込められる人々をシュルレアリスティックに撮影した写真表現で知られている。 アーバスにとって写真は「やや冷徹に、やや不快」に表現する最適な道具であり、また真実を緻密に明らかにするという信念がある。 アーバスには被写体自身が自分に対して抱いてるナルシスティックなイメージと、自分が被写体に対して抱いているイメージの違いを意識して撮影する姿勢があり、そのため、彼女は被写体に対して正面姿勢で、真正面から、直接的に強いストロボ・ライティングを行なう。 この撮り方は人によっては非常に冷酷な演出を行うため、アーバスに写真を撮られるということは、本来よりも美しく虚飾されるのではなく、まったく逆ですべてを暴き出されるということになるという。

映画 · 08日 4月 2019
スタンリー・キューブリック(1928年7月26日-1999年3月7日)はアメリカの映画監督、映画脚本家、プロデューサー。映画史において最も偉大であり、また最も後世に影響を与えた映画制作者として評価されている。 キューブリックの映画はおもに小説また短編小説の改作で、幅広いのジャンルの横断、ダークユーモア、現実主義、独特な撮影技法、大規模なセット、刺激的な音楽が特徴である。

映画 · 01日 4月 2019
スタンリー・キューブリック(1928年7月26日-1999年3月7日)はアメリカの映画監督、映画脚本家、プロデューサー。映画史において最も偉大であり、また最も後世に影響を与えた映画制作者として評価されている。 キューブリックの映画はおもに小説また短編小説の改作で、幅広いのジャンルの横断、ダークユーモア、現実主義、独特な撮影技法、大規模なセット、刺激的な音楽が特徴である。

イラストレーター · 29日 3月 2019
猫将軍(1982年10月3日生まれ、和歌山在住)は、日本のイラストレーター、キャラクターデザイナー。 鉛筆や木炭、シャープペンシルを使って、昆虫、動物、女性、宝石、肉といった本来は「欲望」を象徴するモチーフを反発するようにグロテスクで暴力的で死を感じさせる形態にして描き出す。

さらに表示する