※本ページは再編集中です。Googleの検索結果上位に出てきしまいますが、ほかのページも参照してください。管理人はこのジャンルについて特に詳しいわけではありません。美術史から外れて、あまり教科書に紹介されることもないこういうジャンルもあるよというかんじで知ってもらえればと思います。

アリス・プレザンス・リデル(1852年5月4日-1934年11月16日)は、少女時代にルイス・キャロルの知り合り、写真のモデルとなったイギリスの女性。 また、ルイス・キャロルがボート遊びのときに彼女に話した物語は、のちに古典児童小説『不思議の国のアリス』となったことで知られる。 彼女の名前と物語の主人公は同じであるが、学者によれば、物語のアリスの性格はどこまで彼女を基盤にしているかどうかは意見が異なるという。アリスはクリケット選手のレジナルド・ハーグリーブスと結婚し、3人の子どもをもうけた。

ダリは若いころから絵と同じくらい映画が好きで、日曜日にはいつも映画館に通いつめていた。 1929年に、ルイス・ブニュエルと共同で17分の無声映画「アンダルシアの犬」を制作。「アンダルシアの犬」はカミソリで人の眼球を引き裂く衝撃的なオープニングシーンで世界的に有名なシュルレアリスム映画である。「アンダルシアの犬」は、ダリとブニュエルが互いに夢で見た情景を元にして制作したという。

スペインを代表する芸術家サルバドール・ダリに関する施設や美術館はスペインにたくさんある。特に重要なのはスペイン北西部カタルーニャ地方にある3つの主要な美術館「ダリ劇場美術館」「ポルト・リガトのダリの家」「プボルのガラの家」からなる「ダリニアン・トライアングル」。 ダリニアン・トライアングルとは、カタルーニャのダリ関連の3施設を結ぶと形成される約40平方キロメートルの三角地帯で、カタルーニャ州北部、バルセロナよりもかなり北にあり、フランス国境に近い場所にある。 これらの施設は全て外観から内装までダリ自身が手を加えて「自分の世界」に作り変えたもので、美術館であると同時にダリ自身の作品でもある。

《戦争の惨禍》は1810年から1820年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤが制作した版画(エッチング)作品。ゴヤは板を制作する際、制作意図は特になかったが、美術史家の多くは、1808年にマドリードで発生したフランス軍に対するスペイン市民の反、その後1808年から1814年までの半島戦争、そして1814年のブルボン王朝復興体制による一連の自由主義運動の勃興と頓挫を表現したものだと見なしている。 ナポレオン皇帝とスペイン間での戦争中、ゴヤはスペイン王室の第一宮廷画家の立場にあり、スペントとフランスの支配的立場にある人々の肖像画を制作していた。 当時ゴヤは戦争に強く影響を受け、注文絵画とは別にプライベートで戦争に対する自分の思いを描いた版画を制作していた。その内容はフランス王室の復興とブルボン王朝を批判する内容だった。62歳のゴヤは体調が悪くほとんど聾唖状態で版画制作を始めた。

ダリ17の館長はドミトリー・ピターマン。彼は国際的な起業家であり、またアートコレクター、スペイン・サッカークラブ経営者、プロのアスリートとして知れている。高校生のときにダリに魅了されてから、作品を蒐集するようになり、ダリ17が所蔵している彼の作品数はエッチング、リトグラフ、彫刻などさまざまなメディウムを含めて約580点にものぼる。

エスパス・ダリ・モンマルトルはフランスにあるサルバドール・ダリの美術資料館。パリのモンマルトル地区テルトル広場の近くにある。特に彫刻と版画作品に焦点を入れており、300点以上のオリジナル作品を収蔵している。目玉作品は「宇宙象」と「アリス・イン・ワンダーランド」の彫刻作品。ほかには「モーゼと一神教」「記憶の固執」「ドン・キホーテ」などを収蔵している。ダリ作品に気軽に触れる子どものためのワークショップも開催。

サルバドール・ダリ美術館はアメリカのフロリダ州セントピーターズバーグにあるサルバドール・ダリ専用の美術館です。 ヨーロッパ圏外では最もたくさんのダリ作品をコレクションしています。2012年にはアメリカ建築協会が推奨する「フロリダ建築:100年.100スポット」にも指定されました。 美術館が所蔵しているダリ作品は、96の絵画作品、100以上の水彩絵画とドローイング、そのほかグラフィック、写真、彫刻、超現実オブジェなど、かなり広範囲にわたります。

諸橋近代美術館は福島県にある近代美術館。実業家の諸橋廷蔵(1934−2003年)が、約20年にわたり収集した美術品作品を所蔵・展示公開している。サルバドール・ダリ作品の収集が中心で約400点を所蔵。スペインのダリ劇場美術館、アメリカのダリ美術館に並ぶほどの規模で、特に彫刻作品において優れた作品を多数収集している。また、ダリ以外にもルノワール、マチス、ピカソ、シャガール等19、20世紀巨匠20数人の作品を収蔵している。2015年よりYouTubeでの配信「諸橋近代美術館チャンネル」も積極的に行っている美術館でもある。 URL:http://dali.jp/ YouTube:https://www.youtube.com/user/MorohashiMuseum/videos

《魔女の夜宴》は1821年から1823年にかけてフランシスコ・デ・ゴヤが制作した油彩の壁画作品。140.5 × 435.7 cm。『黒い絵』シリーズの1つで、ゴヤが居住していた「聾者の家」の壁に描かれたプライベート装飾絵画である。 暴力、脅威、老い、死などのテーマを探求したもので、ヤギの姿をした悪魔が不気味で恐ろしい魔女集会で、月明かりの下にシルエットのように描写されている。当時、ゴヤは75歳ころで、王宮から離れた孤立した場所で、急性の肉体的・精神的に苦しみながら晩年を過ごしていた。 ゴヤは『黒い絵』シリーズにタイトルを付けておらず、本作品名はゴヤ死後に別の人が付けたものである。《魔女の夜宴》は西洋美術史においては、一般的に「迷信事に対する風刺表現」として引用される事が多い。ゴヤはおそらく当時のスペインにおけるスペイン異端審問を非難・風刺したものだとおもわれる。

さらに表示する