フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ(1789年4月26日-1863年8月13日)はフランスの画家、版画家。フランスにおけるロマン主義運動の代表的な美術家とみなされている。 ドラクロワの表現豊かな筆使い、光や色の効果に対する技術的な探求は、のちにルノワールやゴッホをはじめ、印象派の画家たちに多大な影響を与えた。また、ドラクロワのエキゾチックなものへの情熱は、象徴主義の芸術家たちに影響を与えている。 代表作は、《民衆を導く自由の女神》や《キオス島の虐殺》がドラクロワの代表作で、現実に起こった事件を主題にし、観るものを圧倒する情熱と激情的な筆使いで描くのがドラクロワの特徴である。友人でドラクロワにも影響を与えた画家のテオドール・ジェリコや、詩人のバイロンらと美術的価値観を共有し、ドラクロワは自然に暴力を"崇高な力"として昇華した。 当時ライバルだった新古典主義派のドミニク・アングルの完璧主義的と対照的に、ドラクロワはルーベンスやヴェネツィア・ルネサンスから影響を受け、輪郭やデッサンの正確さよりも、色彩や動き、情動のような心の動きを強調していた。

パブロ・ピカソ(1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、成年期以降の大半をフランスで過ごしたスペインの画家、彫刻家、版画家、陶芸家、舞台デザイナー、詩人、劇作家。20世紀の芸術家に最も影響を与えた1人で、キュビスム・ムーブメントの創立者である。ほかにアッサンブラージュ彫刻の発明、コラージュを再発見するなど、ピカソの芸術スタイルは幅広く創造的であったことで知られる。 代表作は、キュビスム黎明期に制作した『アヴィニョンの娘たち』(1907年)や、スペイン市民戦争時にスペイン民族主義派の要請でドイツ空軍やイタリア空軍がスペイン市民を爆撃した光景を描いた『ゲルニカ』(1937年)である。 ピカソ、アンリ・マティス、マルセル・デュシャンの3人は、20世紀初頭の視覚美術における革命的な発展を担った芸術家で、絵画だけでなく、彫刻、版画、陶芸など幅広い視覚美術分野における発展を担った。 ピカソの美術的評価は、おおよそ20世紀初頭の数十年間とされており、また作品は一般的に「青の時代」(1901-1904)、「ばら色の時代」(1904-1906)、「アフリカ彫刻の時代」(1907-

ガートルード・スタイン(1874年2月3日-1946年7月27日)はアメリカの小説家、詩人、演劇作家、アートコレクター。 ペンシルベニア州ピッツバーグ近郊にあるアラゲイニー=ウェストで生まれ、カリフォルニア州オークランドで育ち、1903年にパリへ移り、以後フランスで人生を過ごした。 彼女はパリの芸術サロンの主催として活躍し、彼女のサロンにはパブロ・ピカソ、アーネスト・エミングウェイ、アンリ・マティス、F・スコット・フィッツジェラルド、シンクレア・ルイス、エズラ・パウンド、シャーウッド・アンダーソンなど、さざまなあジャンルのモダニストたちが集まった。

「世界のアリスイラストレーター」は、『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』のイラストレーションを描いた絵描きたちのこと。著名人だけでも70人以上いる。ここではイギリスの主要イラストレーターを紹介するが、他の国のイラストレーターも含まれている。

ヘンリー・ジョージ・リデル(1811年2月6日-1898年1月18日)はオックスフォード大学クライストチャーチの学部長、オックスフォード大学の副学長(1870-1874年)、ウェストミンスター学校の校長(1846-1855)、『ローマ史』の著者。また、ロバート・スコットとの共著『ギリシア語=英語辞典』で"リデル&スコット"として知られている。彼らが出版した『ギリシア語=英語辞典』は現在でも広くギリシア人学生に利用されている。また、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』のモデルになったアリス・リデルの父でもある。

アニー・ロジャーズ(1856年2月15日-1937年10月28日)はイギリスの女子教育のプロモーター。子ども時代にルイス・キャロルの写真モデルになっている。 1863年にルイス・キャロルの写真のモデルとなり、用意した衣装を着て撮影されている。また撮影した上の写真《f Annie Rogers and Mary Jackson as Queen Eleanor and the Fair Rosamund》にルイス・キャロルは詩をそえている。

エセル・ハッチ(1869-1975年)はイギリスの美術家。チャールズ・ドジソンと写真モデルとしても知られている。 彼女はイギリスの上層階級に属する女性で、エドウィン・ハッチ牧師の娘であり、ベアトリス・シェード・ハッチとエブリン・モッド・ハッチとは姉妹にあたる。 成人後は美術家として活動している。絵画サークル「ニューイングランド・アート・クラブ」の会員で、花が特徴の水彩画をたくさん制作した。彼女の絵はクリスティーズでも何度か競売にかけられている。

エブリン・ハッチ(1871-1951年)はイギリス人女性。 チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のミューズモデルとして知られている。彼女は姉ベアトリスやエセルと同じく、ドジソンの小児ヌードモデルとなった数少ない女性の1人。ドジソンの少女の関係において現代での議論の的にもなっている。 彼女はドジソン死後に刊行された、ルイス・キャロル著『少女への手紙』の編集者でもある。

イザ・ボウマン(1874-1958年)はイギリスの女優。ルイス・キャロルの友人で彼との思い出について書いた書籍『ルイス・キャロル物語 不思議の国の現実のアリスから若い人たちへ』を出版している。 彼女は1886年に『不思議の国のアリス』の舞台版に脇役で出演、1888年の再演時はアリス役で出演した。彼女は15歳から19歳までチャールズ・ドジソンのもとに訪れ、交流している。キャロルは1888年7月にオックスフォーズへ訪れたイザについて記述しており、彼女は回顧録で彼の記述を転載した。

アレクサンドラ・キッチン(1864年9月29日-1925年4月6日)はイギリスの女性。チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のお気に入りの写真モデルであり、有名な子どものお友だち。愛称はクシー。 彼女はドジソンのオックスフォード大学クライストチャーチに同僚で、のちにウィンチェスター大聖堂やダラム大聖堂の首席司祭となったジョージ・ウィリアム・キッチン牧師(1827−1912年)の娘である。 ドジソンは4歳から16歳の誕生日まで、50回以上のキッチンを撮影している。撮影した写真の中には演劇的な要素のある「活人画」が多く、キッチンがモデルの写真は初期の芸術写真として現代のコレクター、キュレーター、現代美術家たちに影響を与え、評価されている。特に有名な写真は「

さらに表示する