作品解説

作品解説 · 13日 2月 2019
『愛はごみ箱の中に』は2018年にサザビーズ・ロンドでバンクシーによって介入された芸術作品であり、介入芸術の代表作の1つ。 2006年にバンクシーが制作した風船少女シリーズの1つ『風船と少女』の絵画が、オークションで104万2000ポンドで落札された直後に介入された作品である。サザビーズは「美術史においてライブ・オークション中に作られた初の作品だ」と話している。

作品解説 · 13日 2月 2019
『風船と少女』は2002年からバンクシーによってはじめられたステンシル・グラフィティ作品シリーズ。風で飛んでいく赤いハート型の風船に向かって手を伸ばしている少女を描いたものである。初期の作品はロンドンのウォータールー橋やロンドン周辺のさまざまな壁に描かれたが、現在はどれも残っていない。 バンクシーは社会支援の手助けをするため、このデザインを何度か変えていろいろ場所で描いている。2005年にはイスラエル西岸地区の分離壁に描かれ、ほかに2014年のシリア難民危機時や2017年のイギリス選挙時にも描かれている。 2017年のサムスンの調査で風船少女シリーズは、イギリスで最も人気のあるバンクシー作品の1つであることがわかった。

作品解説 · 13日 2月 2019
『Think Tank』は、2003年5月に発売されたイギリスのロック・バンドBlurの7枚目のアルバム。カバーアートにバンクシーのステンシル作品が使われている。

作品解説 · 12日 2月 2019
《Tokyo 2003》は、2003年に東京都港区の東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」の日の出駅付近にある東京都所有の防潮扉に描かれたバンクシーによるものと思われるストリート・アート。傘をさし、カバンを持ったネズミのステンシル作品。 バンクシーは2000年から2003年にかけてバルセロナ、東京、パリ、ロサンゼルス、イスラエルを訪問しており、そのときに初期ステンシル作品シリーズ「Love is in the air」を各地に書き残している。本作品は「Love is in the air」のシリーズの1つ《Tokyo 2003》とみなされている。

作品解説 · 12日 2月 2019
《Well Hung Lover》は2006年にバンクシーによって制作されたストリート・アート。イギリス、ブリストルのフロッグモア・ストリートに描かれた。 全裸の男が窓に片手でぶらさがっており、窓にはスーツを着た男性が裸の男性に気づかずよそ見をしている。男性の隣には下着姿の女性がいる。 性的な衛生医療の観点から描かれた作品で、ブリストル市議会による検閲を経て、イギリスで最初の合法的な作品となった。ヌード画にもかかわらずこの作品には遡及的な許可と保護が与えられた。 2009年にこの作品はペイントボール銃で損傷を受けたことがあるが、市議会の手である程度修復されたが、散布した塗料が残ったままになっている。

作品解説 · 06日 2月 2019
「生者の心における死の物理的な不可能さ」は、1991年にダミアン・ハーストによって制作されたコンセプチュアル・アート作品。ハーストのYBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)時代の代表作である。1990年代のイギリス美術のイコン的作品であり、またYBAのシンボル的な作品とみなされている。 鉄とガラスで覆われた巨大な箱に、全長4.3メートルのイタチザメがホルマリン漬けにされている。もともとは1991年にイギリスのコレクターであるチャールズ・サーチの依頼によって制作された作品で、2004年にアメリカの投資家でコレクターのスティーブン・A・コーヘンに売却されている。詳細な売却値は分かっていないが、約800万ドルと見られている。 なお、オリジナルのイタチザメは劣化したため、2006年に新しい標本に入れ換えられている。

作品解説 · 06日 2月 2019
『ディズマランド』は2015年に企画・実行されたバンクシーによるプロジェクトアート。イギリスのウェストン・スーパー・メアの海辺のリゾートで開催。...

作品解説 · 06日 2月 2019
「神の愛のために」は2007年にダミアン・ハーストによって制作された彫刻作品である。18世紀の人間の頭蓋骨をかたどったプラチナに8601個の純ダイヤモンドで敷き詰めたものである。額には「スカル・スター・ダイヤモンド」と言うピンクのダイヤモンドがはめ込まれている。頭蓋骨の歯は本物の歯であり、ロンドンでハーストが購入した。 ダイヤモンドの配置は倫理的な原則に基づいている。主題は率直に「メメント・モリ(死を想う)」であり、鑑賞者にも直接的に主題を呼び起こさせる。ダイヤモンドは「生命の存在」である。ドクロはもちろん「死」である。

作品解説 · 16日 1月 2019
《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I》は1903年から1907年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。金箔が多用されている。 本作品は、クリムトの「黄金時代」後期における最も完成度の高い作品である。クリムトによるブロッホ=バウアーの全身肖像画は2作品存在しているが、これは最初の作品である。2作品目は1912年に完成した。これらの2つの作品は一家が所有していた作品の1つである。アデーレは1925年に亡くなった。 2006年にブロッホ=バウアーの相続人による8年に及ぶ努力の末、絵画は親族に返却された。同年6月に1億3500万ドルでエスティ・ローダー社社長(当時)のロナルド・ローダーに売却され、現在はニューヨークのノイエ・ギャラリーが所蔵している。

作品解説 · 16日 1月 2019
《接吻》は1907年から1908年にかけて、オーストリアの画家グスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。金箔が使われている。現在、ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリー)が所蔵している。 180cm✕180cmの正方形キャンバス上に抱き合う男女が描かれている。二人の身体にはアール・ヌーヴォーや初期アーツ・アンド・クラフツ運動で見られた有機的なフォルムと輪郭線が描かれ、また装飾的で精巧なローブで包まれ絡み合っている。男性のローブは長方形の模様が、女性のローブには円形の模様が描かれている。

さらに表示する