作品解説

作品解説 · 14日 7月 2019
『四季』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作された装飾パネル画。ミュシャの初めての装飾パネル画。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジスモンダ』は1894年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター。ミュシャが初めて制作したポスターであり、ミュシャの出世作。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『夢想』は1897年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたリトグラフ作品。この作品も『黄道十二宮』と並んでミュシャ作品のなかで人気が高いものの1つで、何度も再販され、ヴァージョン数も数多く作られている。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『黄道十二宮』は1896年にアルフォンヌ・ミュシャによって制作されたリトグラフ。ミュシャ作品において最もよく知られている作品である。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジョブ』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター作品。広告ポスターの代表的作品。誇張された豊かな女性の髪のは“ミュシャ・ウーマンの象徴的なイメージともなった。...

作品解説 · 07日 7月 2019
バンクシーの代表的な作品についての解説です。《風船と少女》やネズミの作品などについて。

作品解説 · 26日 6月 2019
《洗礼者ヨハネ》は1513年から1516年ころにかけてレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。完成作品の中では彼の最後の作品で、実質的な遺作とみなされている。また、レオナルドのスフマート技法が最高潮に達した頃の作品である。サイズは69 cm × 57 cm。パリのルーブル美術館が所蔵している。 明暗のコントラスト技法であるキアロスクーロで描かれた人物は背景の黒い影から出現しているように見える。 この人物は孤独な状態にあるヨハネを描いたものであるという。十字架と着ている毛皮で人物がヨハネであることがわかるが、また、レオナルドの代表作である《モナ・リザ》を彷彿させる謎めいた微笑を見せている。

作品解説 · 23日 6月 2019
《女性の頭部》は1508年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。《ほつれ髪の女性》と呼ばれることもある。24.7 cm × 21 cm。イタリアのパルマ国立美術館が所蔵している。 未完成の木製パネル上に高度なルネサンス様式で描かれた未完成の作品である。初めて公開されたのは1627年に公開されたイタリア貴族ゴンツァーガ家のコレクションで、そのときに「レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた女性の頭部スケッチ画」として紹介された。年代、起源、制作意図は謎に包まれている。 1531年ころにフェデリーコ2世・ゴンツァーガの后マリーア・パレオロガのベッドルームにかけられていた作品であると推定されている。文化活動を支援していた侯爵は1501年にピエトロ・ノヴェッラーラにマリーアのプライベート・ルーム用にかけるマドンナの絵画をレオナルドに描いてもらえるかどうか尋ねる手紙を送っている。 1829年からパルメザンコレクションの一部になったあと、この絵画は《岩窟の聖母》や《聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ》などを制作していたレオナルドの成熟期のころの作品であると説明された。

作品解説 · 22日 6月 2019
「ヘレーネ・ルイズ・クリムトの肖像」は1898年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。60cm✕40cm。スイスのベルン美術館が所蔵している。 ヘレーネ・クリムトはクリムトの姪にあたる。弟エルンストの娘である。弟のエルンストは1891年にヘレーネ・フレーゲと結婚、その年の7月28日にヘレーネが生まれる。しかし翌年1892年にエルンストが急死すると、クリムトは残された母子を預かる身となり、ヘレーナの法律上の保護者となった。 この作品はヘレーナが6歳のときに描かれたもので、1903年の分離派展で作品が展示された。絵の構図は耽美主義のホイッスラーの影響を受けていると思われる。

作品解説 · 16日 6月 2019
《サルバトール・ムンディ(救世主)》は1490年から1519年ごろにレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。世界の救世主としてイエス・キリストの肖像が描かれたもので「男性版モナリザ」と呼ばれることがある。ルネサンス風の青いローブを着用したキリストが右手を上げ指をクロスさせ、左手に水晶玉を持ち祝祷を行っている。 1500年ごろに制作されてから17世紀にイギリス王室が所有したあと、長年の間行方不明になっていたが1900年に発見される。当初はダヴィンチの作品ではないと多くの専門家たちによって鑑定されていたが、2005年に真作であると再鑑定される。その後、修復を経て2011年にロンドンのナショナル・ギャラリーで初めて展示され話題になった。 本作品は2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売がかけられ、一般市場で流通している作品において史上最高額となる4億5000万ドルで落札された。 現存するダ・ヴィンチの16点の作品のうち唯一の個人蔵作品であり、オークションをはじめ一般市場で流通するダ・ヴィンチの唯一の作品である。落札者は明らかにされていない。

さらに表示する