映画

映画 · 08日 4月 2019
スタンリー・キューブリック(1928年7月26日-1999年3月7日)はアメリカの映画監督、映画脚本家、プロデューサー。映画史において最も偉大であり、また最も後世に影響を与えた映画制作者として評価されている。 キューブリックの映画はおもに小説また短編小説の改作で、幅広いのジャンルの横断、ダークユーモア、現実主義、独特な撮影技法、大規模なセット、刺激的な音楽が特徴である。

映画 · 01日 4月 2019
スタンリー・キューブリック(1928年7月26日-1999年3月7日)はアメリカの映画監督、映画脚本家、プロデューサー。映画史において最も偉大であり、また最も後世に影響を与えた映画制作者として評価されている。 キューブリックの映画はおもに小説また短編小説の改作で、幅広いのジャンルの横断、ダークユーモア、現実主義、独特な撮影技法、大規模なセット、刺激的な音楽が特徴である。

映画 · 11日 3月 2019
アレハンドロ・ホドロフスキー(1929年2月17日ー)はチリの映画監督、映画プロデューサー、劇作家、俳優、詩人、作家、音楽家、漫画作家、スピリチュアル・グル。 代表的な作品は『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』などの前衛映画で、彼の映画作品は、一般的にカルト映画愛好家から熱烈な支持を受けている。映画内容はシュルレアリスム、神秘主義、宗教的タブーのハイブリッド・ブレンド作品とみなされている。

映画 · 11日 3月 2019
寺山修司(1935年12月10日-1983年5月4日)は日本の前衛詩人、劇作家、作家、映画監督、写真家。短い人生の間に300冊の本を出版、約20作の映画を制作しており、多くの批評家やファンによれば、日本で最も生産的で挑発的な創造的な芸術家の一人だと言われる。...

映画 · 03日 3月 2019
ジョン・ウォーターズ(1946年4月22日ー)はアメリカの映画監督、映画脚本家、作家、俳優、コメディアン、ジャーナリスト、ビジュアル・アーティスト、アート・コレクター。1970年初頭のカルト映画ムーブメントで名声を高めたことで知られる。...

映画 · 24日 11月 2017
ヴェラ・ヒティロヴァ(1929年2月2日-2014年3月12日)はチェコの前衛映画監督。チェコ映画の開拓者。 1960年代にチェコスロバキア政府から上映禁止処分を受けたチェコ・ニューウェーブ映画『ひなぎく』の監督として一般的に知られている。 『ひなぎく』は世界中で高い評価を受けており、日本でも1991年に公開され現在も人気が高く、ガーリー映画の代表作として多くの女性の心をつかんでいる。『ひなぎく』がチェコで上映禁止処分を受けると、ヒティロヴァ監督自身も1969年から7年間にわたる活動停止を余儀なくされる。

映画 · 09日 11月 2017
デビッド・リンチ(1946年1月20日〜)はアメリカの映画監督、脚本家、画家、プロデューサー、写真家、音楽家、俳優。シュルレアリスティックで不気味な作風の個性的な映画スタイルを確立している。イギリスの『ガーディアン』誌はリンチを「現代における最重要映画監督」と評し、AllMovie社は「現代アメリカ映画製作のルネサンス・マン」と評した。またリンチのシュルレアリスム映画における商業的成功は「アメリカで最初の人気のポピュラー・シュルレアリスト」のラベルが付けられることになった。

映画 · 03日 2月 2017
ヤロミル・イレッシュ(1935年12月10日-2001年10月24日)はチェコスロヴァキア・ニューウェーブ運動(チェコ・ヌーヴェルヴァーグ)で活躍した映画監督。 ダークユーモアが特徴のチェコスロヴァキア・ニューウェーブの先駆者であり、まったくの素人を俳優として起用して、前衛的な映画作品を多数制作手掛けたことで知られる。 最もよく知られている作品は、1970年作の『ヴァレリエの不思議な一週間』。日本では『闇のバイブル/聖少女の詩』という題名でゴシック・ロリータ映画の代表作として扱われることが多く、映画ファンや芸術ファンよりもゴシック・カルチャー内で人気が高い。本作はソフトコア・ポルノにあたり、当時のチェコスロヴァキアではタブーであった。

映画 · 18日 1月 2017
「カルネ」は、1991年にギャスパー・ノエによって制作されたフランス映画。フィリップ・ナオン(父役)とブランディーヌ・ルノワール(娘役)が主演。口がきけない娘と馬肉屋の親父の物語で、ギャスパー・ノエの初長編映画。なお本作の続編は1998年に制作された「カノン」である。

映画 · 13日 12月 2016
ルイス・ブニュエル(1900年2月22日-1983年7月29日)はスペインの映画監督、シュルレアリスト。スペイン、メキシコ、フランスで活動。 ブニュエルが83歳で亡くなったとき、『ニューヨーク・タイムズ』は彼の死亡記事で、「偶像破壊者、モラリスト、若齢期はシュルレアリスムの代表的人物、後の半世紀は支配的で国際的な映画監督』と評した。...

さらに表示する