建築

建築 · 12日 8月 2018
オットー・ワーグナー(1841年7月13日-1918年4月11日)はオーストリアの建築家、都市計画家。ウィーン分離派の中心人物。ホームタウンであるウィーンに多くのランドマークとなる建築作品を残したことで知られる。

建築 · 12日 8月 2018
アントニ・ガウディ・アイ・コルネット(1852年6月25日-1926年6月10日)はカタルーニャ出身のスペインの建築家。彼はモデルニスモの代表的芸術家としてよく知られている。 ガウディの作品は非常に個性的で独特なスタイルを持っている。作品の多くはバルセロナにあり、サグラダ・ファミリア教会が特に有名である。 ガウディの作品は、自然や宗教など彼自身の生活から影響を受けている。ガウディは創作のあらゆる細部を熟考し、陶器、ステンドグラス、鍛造製法、木工などあらゆる工芸品を建築に取り入れて融合した。 ガウディはまた、廃棄セラミック片を使ったトレンカディス(破砕タイル仕上げ)のような材料を扱うなど新しい技術を導入した。 新ゴシックアートとオリエンタル技術の影響のもと、ガウディは19世紀後半から20世紀初頭にピークを迎えたモデルニスモ運動の1人となった。