ブログカテゴリ:アンディ・ウォーホル



現代美術 · 12日 1月 2019
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。

作品解説 · 03日 5月 2017
「チェルシー・ガール」は、1966年にアンディ・ウォーホルとポール・モリッシーによって監督された実験地下映画。この映画は長い前衛芸術映画制作期間があった後に、ウォーホルが初めて商業的に成功した作品である。 チェルシー・ホテルの客室を中心にニューヨークのさまざまな場所で生活する女性のライフスタイルを撮影したセミ・ドキュメンタリー映画である。ドラッグ、乱交、髪の手入れをするニコ、母親と喧嘩する息子などのシーンが映し出される。 画面は2分割されたダブルスクリーン方式が採用されているが、これは、さまざまな女性の生活を並行して覗き見するように楽しんで欲しいと意図がある。各シーンにそれぞれサウンドトラックが入り、モノクロ映像とカラーが同時に表示される。オリジナルカットは3時間以上ある。 タイトルの「チェルシー・ガールズ」は撮影場所のホテル名から由来しており、ニコの1967年のデビューアルバム「チェルシー・ガール」の由来でもある。 身体が部屋の窓になり、股間がドアになった裸の少女のポスターを制作したのは、グラフィック・アーティストのアラン・オルドリッジ。ポスターの少女はクレア・シェーンストー

作品解説 · 01日 5月 2017
「キャンベルスープの缶」または「32のキャンベルスープの缶」は、1962年にアンディ・ウォーホルが制作した作品。32枚の51 cm × 41 cmのキャンバスから構成されている作品。 おのおのキャンバス、当時のキャンベル・スープ・カンパニーが販売していた32種類のスープ缶が描かれている。各作品は版画の手法、非絵画的で半機械化されたシルクスクリーン印刷で制作されている。 「キャンベルスープの缶」は、大衆文化から主題を得ることで、アメリカにおける大きな前衛芸術運動であるポップ・アートの生成と発展を導いた。また、「キャンベルスープの缶」で上げたウォーホルの名声は、最も有名なアメリカのポップ・アートティストにしただけでなく、現存する最も高価なアメリカ人美術家の作品となった。

作品解説 · 01日 2月 2017
《毛沢東》は1973年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。中華人民共和国の政治家毛沢東のポートレイト。...

近現代美術 · 01日 2月 2017
アンディ・ウォーホル(1928年8月6日-1987年2月22日)はアメリカの美術家。ポップ・アートムーブメントを率いた代表的な人物として知られており、ファイン・アートとセレブ文化と1960年代に流行した広告における関係性を表現した。 商業イラストレーターとして成功した後、ファイン・アートへ転身して成功した珍しいタイプである。アメリカ現代美術において最も議論の対象となるアーティストだった。 ウォーホルの美術においては非常にさまざまなメディアが利用される。ドローイング、ペインティング、シルクスクリーン、写真、版画、彫刻、映像、音楽など数えるときりがない。また、1984年に発売されたアミガ社のコンピューターを利用したコンピュータアートの先駆者でもある。

書籍 · 21日 1月 2016
『インタビュー』は1969年後半にアンディ・ウォーホルとイギリス人ジャーナリストのジョン・ウィルコックが創刊したアメリカの雑誌。雑誌のニックネームは「ポップの水晶」。世界で最も有名なセレブリティ、芸術家、ミュージシャンなどのクリエイターたちと濃密なインタビュー記事を行うのが特徴で、インタビューはいつも未編集かエキセントリックなウォーホルのデザインで編集される。ただし、晩年にウォーホルが編集に関わらなくなると、ボブ・コレセロ主導の一般的な編集方針に変わった。初期の流通は身内の人だけに配られていた無料誌だった。 ・「インタビュー」カバー一覧