ブログカテゴリ:アーバンアート



芸術運動 · 27日 6月 2019
C215ことクリスチャン・ギュミーはフランスのストリート・アーティスト。パリを拠点に活動しており、現在非常に人気を高めており、"バンクシーに対するフランスのアンサー"と評価されている。 C215はおもにステンシルを使った絵画を制作している。彼の最初の作品は2006年に公開されたが、20年以上(2011年時点で)のキャリアを持つグラフィティ・アーティストである。C215の作品はおもに人物肖像画のクローズアップで構成されている。 C215の主題はおもにホームレス、物貰いなどの人々、難民、ストリート・チルドレン、老人である。扱う主題の背景的根拠は「社会から見捨てられがちな人たち」に対して注意を払うことにあるという。また、猫もC215が頻繁に扱う主題の1つである。

ストリート・アート · 28日 1月 2019
ブレック・ル・ラット(1952年生まれ)はフランスのグラフィティ・アーティスト。本名はザビエル・プルー。ブレックはパリのグラフィティやアーバンアート運動における最初期のアーティストの1人であり、また、「ステンシル・グラフィティの父」と評価されている。バンクシーに多大な影響を与えたこともでも知られる。