ブログカテゴリ:クロード・モネ



近現代美術 · 01日 9月 2018
オスカー・クロード・モネ(1840年11月14日-1926年12月5日)はフランスの画家。印象派の創設者。 「自然(特に戸外制作での自然風景)に対して自分が認識した感覚を表現する」という基本的な印象派哲学を一貫して実行した実践者。 「印象派」という言葉は、パリ・サロンから独立して1874年に開催された第一回独立展で展示されたモネの作品《日の出、印象》に由来している。 フランスの田舎の記録化しようとするモネの野望のなかで、光の変化と季節の移り変わりを捕えるために、何度も同じシーンを描く方法に行き着く。 1883年からモネはジヴェルニーに移り、そこで家や土地を購入し、モネの作品でよく主題になる睡蓮を中心とした広大な風景画制作を始めた。 1899年にモネは睡蓮を描き始めた。最初は中心に日本の橋を置いた垂直的視点だったが、その後死ぬまでの20年間は、巨大サイズの絵画シリーズとなった。

作品解説 · 15日 8月 2018
《睡蓮》はクロード・モネによって制作された約250枚の油彩絵画なるシリーズ作品。フランス、ジヴェルニーにあるクロード・モネの自宅の庭(現在のモネ財団)を描いたものである。モネの晩年までの30年の間に制作されたもので、モネ後期作品の代表でもある。特に白内障で苦しんでいるときに多数制作された。

作品解説 · 29日 7月 2018
「ラ、ジャポネース(日本の女性)」は、1876年にクロード・モネによって制作された油彩作品。231cm×142cm。ボストン美術館所蔵。クロード・モネの日本趣味とモネ自身の西洋美術のアイデンティティが融合された作品。 初めて展示されたのは、1876年に開催された第2回印象派展。そのときにこの2メートルを超える巨大な絵画は大きな注目を集め、賛美と嘲りがほぼ同じ割合で誘発させた。保守派の批評家からは「人間味のない表情の大きな人形」「デミモンドイン(高級売春婦の嘲りの意味)」「二人の中国人」「赤色の機械」などの批判を浴びた。特に偏見を持っていない一般的な鑑賞者からモネの大体な色使い、自信に満ちた筆使い、そしてモネの日本画への遊び心を賞賛した。

作品解説 · 28日 7月 2018
《印象、日の出》は1872年にクロード・モネによって制作された油彩作品。48 cm × 63 cm。1874年4月に開催された「画家、彫刻家、版画家などの美術家による共同出資会社第1回展(第一回印象派展)」で初めて展示され、印象主義運動の発端となった作品である。 《印象、日の出》は、モネの故郷ル・アーヴルの港を描写したもので、モネの最も有名な港絵画である。現在、パリのマルモッタン・モネ美術館が所蔵している。

作品解説 · 13日 4月 2017
《パラソルをさす女》は1875年にクロード・モネによって制作された油彩作品。100cm × 81cm。ナショナル・ギャラリー (ワシントン)が所蔵している。 1871年から1877年までパリ北西部のアルジャントゥイユで生活していたころの戸外制作品。風の強い夏のある日の妻カミーユ・モネと息子のジャン・モネの散歩姿を描いている。100cm ×...