ブログカテゴリ:ストリート・アート



アート・ワールド · 19日 12月 2018
シェパード・フェアリー(1970年2月15日生まれ)はアメリカのストリート・アーティスト、グラフィック・デザイナー、活動家、イラストレーター、スケートボード・シーンで人気のオベイ創設者。 彼はロード・アイランド・デザイン学校在学中の1989年に作成した「アンドレ・ザ・ジャイアントのポーズ」のステッカーを地元のスケーター・コミュニティで配布して有名になった。配布されたアンドレ・ステッカーはアメリカ中の多くの都市で見られた。 次いで2008年にバラク・オバマの大統領当選を記念したポスター『HOPE』を制作してで世界中で知られるようになった。 ボストン現代美術館は彼を最も影響のあるストリート・アーティストの1人として評価しており、彼の作品は、ニューヨーク近代美術館をはじめ、ロサンゼルス現代美術館、サンティエゴ現代美術館、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、スミソニアン博物館などアメリカの多くの現代美術館に収蔵されている。また、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にも収蔵されている。

アート・ワールド · 18日 12月 2018
ロバート・デル・ナジャ(1965年1月21日)はイギリスとの美術家、ミュージシャン、歌手、作詞家。一般的には「3D」という名称で知られている。バンクシーの正体の1人と噂されることもある(本人は否定している)。 ナジャはグラフィティ・アーティストとして現れはじめ、ブリストルにおけるDJやミュージシャンを中心とした緩やかな音楽集団「ワイルド・バンチ」のメンバーとして活躍する。 その後、1988年に結成されたバンド「マッシブ・アタック」の創設メンバーの1人となり、現在も継続して活動している。 2009年にナジャは、ブリティッシュ・ミュージックに多大な貢献を与えたとして、ブリティッシュ・アカデミーズ・アイヴァー・ノヴェロ賞を受賞した。

芸術運動 · 12日 11月 2018
ストリート・アートは公共的な場所で制作された視覚芸術で、伝統的な美術館やギャラリーなどの会場の外で展示された非認可の公共芸術作品のこと。「グラフィティ(落書き、いたずら書き)」と同じ扱いとみなされている。 しかし、これらの芸術様式は芸術業界において、「独立公共芸術」や「ネオ・グラフィティ」、「ポスト・グラフィティ」と呼ばれ、アーバンアートやゲリラ芸術と密接に関連しているとみなされるようになっている。 ストリート・アートで使用される一般的な芸術様式やメディウムは、スプレーペイント、落書き、ステンシル、違法ビラ、ステッカーアート、ストリート・インスタレーション、彫刻である。 21世紀に入り、これらの表現形式のほかにライブ・パフォーマンスとそれをスマホやウェブサービスで配信する動画を利用したストリート・アートや、ヤーン・ボーミングと呼ばれる毛糸で覆われた彫刻も増えている。

アート・ワールド · 22日 10月 2018
キース・アレン・ヘリング(1958年5月-1990年2月16日)はアメリカの芸術家。おもに1980年代のニューヨークのストリート・カルチャーから発生したポップ・アートやグラフィティ・アートの中で活躍したことで知られる。 ヘリングはニューヨークの地下鉄内で自発的に描いたグラフィティ作品を通じて人気を集めた。黒い広告大の背景にチョーク・アウトライン形式(犯罪現場で被害者の位置を書き記しするための線)のシンプルな絵画が特徴で、よく描くモチーフは「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」「円盤」「犬を象徴するもの」などである。 ヘリングの絵画は「多くの人が認知しやすいビジュアル言語」の要素があり、また後期作品においては政治的、社会的なテーマ、特にホモセクシャルやエイズなどのテーマが含まれるようになった。ホモセクシャルやエイズはヘリング自身の象徴でもあった。

アート・ワールド · 15日 10月 2018
バンクシーはイギリスを基盤に活動している匿名の芸術家。現在は世界を舞台に神出鬼没を繰り返しながら活動することが多い。アート・ワールドにおいてバンクシーは、おもにストリート・アート、パブリック・アート、政治活動家として評価されている。ほかに映画制作もしている。 バンクシーの風刺的なストリート・アートや攻撃的なメッセージは、独特のステンシル技法で描かれるグラフィティ絵画とダークユーモアが一体となって表現される。政治的であり社会的な批評性のあるバンクシーの作品は、世界中のストリート、壁、橋に描かれている。 バンクシーの作品は芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。そのスタイルは、1981年にパリでステンシル作品を始めた3Dとよく似ていることが指摘されている。バンクシーによれば、のちに音楽グループ「マッシヴ・アタック」のメンバーとなった3Dから影響を受けているという。 バンクシーは、自身の作品を街の壁や自作の小道具的なオブジェなど誰でも見える公共空間に展示する。ストリート・アートの複製物や写真作品を販売することはないが、