ブログカテゴリ:バスキア



画家 · 12日 1月 2019
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。