ブログカテゴリ:バンクシー



アート・ワールド · 18日 12月 2018
ロバート・デル・ナジャ(1965年1月21日)はイギリスとの美術家、ミュージシャン、歌手、作詞家。一般的には「3D」という名称で知られている。バンクシーの正体の1人と噂されることもある(本人は否定している)。 ナジャはグラフィティ・アーティストとして現れはじめ、ブリストルにおけるDJやミュージシャンを中心とした緩やかな音楽集団「ワイルド・バンチ」のメンバーとして活躍する。 その後、1988年に結成されたバンド「マッシブ・アタック」の創設メンバーの1人となり、現在も継続して活動している。 2009年にナジャは、ブリティッシュ・ミュージックに多大な貢献を与えたとして、ブリティッシュ・アカデミーズ・アイヴァー・ノヴェロ賞を受賞した。

芸術運動 · 12日 11月 2018
ストリート・アートは公共的な場所で制作された視覚芸術で、伝統的な美術館やギャラリーなどの会場の外で展示された非認可の公共芸術作品のこと。「グラフィティ(落書き、いたずら書き)」と同じ扱いとみなされている。 しかし、これらの芸術様式は芸術業界において、「独立公共芸術」や「ネオ・グラフィティ」、「ポスト・グラフィティ」と呼ばれ、アーバンアートやゲリラ芸術と密接に関連しているとみなされるようになっている。 ストリート・アートで使用される一般的な芸術様式やメディウムは、スプレーペイント、落書き、ステンシル、違法ビラ、ステッカーアート、ストリート・インスタレーション、彫刻である。 21世紀に入り、これらの表現形式のほかにライブ・パフォーマンスとそれをスマホやウェブサービスで配信する動画を利用したストリート・アートや、ヤーン・ボーミングと呼ばれる毛糸で覆われた彫刻も増えている。

アート・ワールド · 20日 10月 2018
『ピンク色の仮面をつけたゴリラ』は2001年にバンクシーによって制作されたグラフィティ作品。初期作品のなかでも最も有名な作品の1つである。 彼の故郷であるブリストルにあるソーシャルクラブで描かれた、特に政治的なメッセージ性のないシンプルなグラフィティ作品である。描かれて約10年以上、この地域のランドマークとして知られていた。

アート・ワールド · 19日 10月 2018
『パラシュート・ラット』は2003年にオーストリアのメルボルンで制作したバンクシーのグラフィティ作品の1つ。 2010年4月26日、メルボルンにいくつかあるバンクシーの作品の1つが、議会から派遣された清掃業者に塗り潰され、地元や国際的的な報道機関において、ストリート・アートの性質や保存・保護するための新しい対策などの議論を導くことになった。2012年5月にもほかの作品が偶発的な事故で破壊された。2015年時点ではまだ1つ残っている。

アート・ワールド · 19日 10月 2018
『奴隷労働』は2012年にバンクシーによって制作されたグラフィティ作品。122 cm ×152 cm。2012年5月、ロンドンのウッドグリーンにある1ポンドショップ「パウンドランド」脇の壁に描かれたものである。 ユニオンジャックの模様が描かれた万国旗をミシンで縫っている子どもの絵である。この作品は2012年のロンドン・オリンピック記念品やダイヤモンド・ジュビリーを製造するために労働作者する人たちへの抗議的な意味が含まれている。 2013年2月、作品は除去されアメリカ、マイアミで開催されたアート・オークションで競売にかけられた。ウッド・グリーンの住民の要請でアメリカでの売却はとりけされ、イギリスで売買されることになり、ロンドン、コヴェント・ガーデンのオークションでで120万ドルで売買された。

アート・ワールド · 19日 10月 2018
『爆弾愛』は2003年にバンクシーによって制作されたプリント作品。戦争と愛という二項対立を探求したバンクシー初期の象徴的な作品。ポニーテールの無垢な少女が爆弾(軍用機用の爆弾)をクマのぬいぐるみのように抱いている絵である。 もともと壁に描かれたグラフィティ作品で2003年にイースト・ロンドンの壁に描かれた。同年に限定150枚の署名入りプリント版と600枚の未署名版が作られた。サイズは50cm × 70 cm。 バンクシーは何年もかけて壁、キャンバス、カードボードなどさまざま媒体にステンシル形式で異なるフォーマットの『爆弾愛』作品を描いている。

作品解説 · 18日 10月 2018
『シリア移民の息子』は2015年に制作されたバンクシーの壁画作品。本作は留学移民としてアメリカに滞在していたシリア移民の息子のスティーブ・ジョブズを描いたものである。 ジョブズは黒いタートルネックにジーパン、丸メガネのいつものジョブズ・ファッションで、手にはオリジナルのマッキントッシュ・コンピュータと荷物を持って立っている。この造形は2006年に写真家のアルバート・ワトソンによって撮影された写真で、のちにウォルター・アイザックソンによる伝記『スティーブ・ジョブズ』のカバーとして使われていることでよく知られる。 2015年12月、バンクシーは移民危機をテーマにしたいくつかのグラフィティ作品を制作していることが明らかになっている。その中のひとつが本作である。

作品解説 · 18日 10月 2018
『子猫』は2015年初頭ころにバンクシーによって制作されたグラフィティ作品。2014年夏、7週間におよぶイスラエルの軍事攻撃の受け廃墟化したガザ地区の家の壁に描かれている。 バンクシーは廃墟になったガザ北部ベイトハヌーンを訪れ、現地の様子を撮影し、またいくつかグラフィティ作品を制作している。『子猫』はそうした状況で制作された作品の1つである。

アート・ワールド · 18日 10月 2018
『アート・バフ』は2014年にバンクシーによって制作されたグラフィティ作品。イギリスのフォークストンにある壁に描かれ、バンクシーによれば「フォークストーン・トリエンナーレの一部のようなもの」だという。 作品名の「buff」は、グラフィティ業界のスラングで「化学薬品やその他の器具で塗りつぶされたグラフィティ作品」のことを意味する。 本作品では、ヘッドフォンを付けた女性が台座をじっと見つめており、描かれた台座の上には塗りつぶされたグラフィティのあとが置かれている。

アート・ワールド · 17日 10月 2018
『風船と少女』は2002年からバンクシーによってはじめられたステンシル・グラフィティ作品シリーズ。風で飛んでいく赤いハート型の風船に向かって手を伸ばしている少女を描いたものである。初期の作品はロンドンのウォータールー橋やロンドン周辺のさまざまな壁に描かれたが、現在はどれも残っていない。 バンクシーは社会支援の手助けをするため、このデザインを何度か変えていろいろ場所で描いている。2005年にはイスラエル西岸地区の分離壁に描かれ、ほかに2014年のシリア難民危機時や2017年のイギリス選挙時にも描かれている。 2017年のサムスンの調査で風船少女シリーズは、イギリスで最も人気のあるバンクシー作品の1つであることがわかった。

さらに表示する