ブログカテゴリ:バンクシー



作品解説 · 13日 2月 2019
『愛はごみ箱の中に』は2018年にサザビーズ・ロンドでバンクシーによって介入された芸術作品であり、介入芸術の代表作の1つ。 2006年にバンクシーが制作した風船少女シリーズの1つ『風船と少女』の絵画が、オークションで104万2000ポンドで落札された直後に介入された作品である。サザビーズは「美術史においてライブ・オークション中に作られた初の作品だ」と話している。

作品解説 · 13日 2月 2019
『風船と少女』は2002年からバンクシーによってはじめられたステンシル・グラフィティ作品シリーズ。風で飛んでいく赤いハート型の風船に向かって手を伸ばしている少女を描いたものである。初期の作品はロンドンのウォータールー橋やロンドン周辺のさまざまな壁に描かれたが、現在はどれも残っていない。 バンクシーは社会支援の手助けをするため、このデザインを何度か変えていろいろ場所で描いている。2005年にはイスラエル西岸地区の分離壁に描かれ、ほかに2014年のシリア難民危機時や2017年のイギリス選挙時にも描かれている。 2017年のサムスンの調査で風船少女シリーズは、イギリスで最も人気のあるバンクシー作品の1つであることがわかった。

作品解説 · 13日 2月 2019
『Think Tank』は、2003年5月に発売されたイギリスのロック・バンドBlurの7枚目のアルバム。カバーアートにバンクシーのステンシル作品が使われている。

作品解説 · 12日 2月 2019
《Tokyo 2003》は、2003年に東京都港区の東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」の日の出駅付近にある東京都所有の防潮扉に描かれたバンクシーによるものと思われるストリート・アート。傘をさし、カバンを持ったネズミのステンシル作品。 バンクシーは2000年から2003年にかけてバルセロナ、東京、パリ、ロサンゼルス、イスラエルを訪問しており、そのときに初期ステンシル作品シリーズ「Love is in the air」を各地に書き残している。本作品は「Love is in the air」のシリーズの1つ《Tokyo 2003》とみなされている。

ストリート・アート · 12日 2月 2019
バンクシーはイギリスを基盤に活動している匿名の芸術家。現在は世界を舞台に神出鬼没を繰り返しながら活動することが多い。アート・ワールドにおいてバンクシーは、おもにストリート・アート、パブリック・アート、政治活動家として評価されている。ほかに映画制作もしている。 バンクシーの風刺的なストリート・アートや攻撃的なメッセージは、独特のステンシル技法で描かれるグラフィティ絵画とダークユーモアが一体となって表現される。政治的であり社会的な批評性のあるバンクシーの作品は、世界中のストリート、壁、橋に描かれている。 バンクシーの作品は芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。そのスタイルは、1981年にパリでステンシル作品を始めた3Dとよく似ていることが指摘されている。バンクシーによれば、のちに音楽グループ「マッシヴ・アタック」のメンバーとなった3Dから影響を受けているという。 バンクシーは、自身の作品を街の壁や自作の小道具的なオブジェなど誰でも見える公共空間に展示する。ストリート・アートの複製物や写真作品を販売することはないが、

作品解説 · 12日 2月 2019
《Well Hung Lover》は2006年にバンクシーによって制作されたストリート・アート。イギリス、ブリストルのフロッグモア・ストリートに描かれた。 全裸の男が窓に片手でぶらさがっており、窓にはスーツを着た男性が裸の男性に気づかずよそ見をしている。男性の隣には下着姿の女性がいる。 性的な衛生医療の観点から描かれた作品で、ブリストル市議会による検閲を経て、イギリスで最初の合法的な作品となった。ヌード画にもかかわらずこの作品には遡及的な許可と保護が与えられた。 2009年にこの作品はペイントボール銃で損傷を受けたことがあるが、市議会の手である程度修復されたが、散布した塗料が残ったままになっている。

作品解説 · 06日 2月 2019
『ディズマランド』は2015年に企画・実行されたバンクシーによるプロジェクトアート。イギリスのウェストン・スーパー・メアの海辺のリゾートで開催。...

ストリート・アート · 05日 2月 2019
インキーはロンドンを基盤にして活動する画家、ストリート・アーティスト。ブリストル、クリフトン出身。バンクシー、3D、ニック・ウォーカーとともにブリストルのグラフィティ・シーンを形作った芸術家の1人と評価されている。 インキーは1983年にクライム・インコーポレイテッド・クルー(CIC)で、フェリックスやジョー・ブラウンらとともに働きはじめる。1984年に、映画『ワイルド・スタイル』に影響を受け、フリーハンドでグラフィティを描きはじめ、本格的に活動を開始する。 インキーは1989年にイギリスで最大のグラフィティ一斉摘発「アンダーソン作戦」で逮捕されたアーティストたちの主犯格と、当局からみなされている。

ストリート・アート · 29日 1月 2019
ミスター・ブレインウォッシュはロサンゼルスを基盤として活動するフランス人ストリート・アーティスト。2010年にバンクシーが監督した映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』でバンクシーが撮影した男性として知られている。本名はティエリー・グエッタ。 ジョン・レノンやビリー・ホリデイなど、著名なアーティストをアイコンにしたアート作品で知られている。2009年にマドンナは自身のアルバム『セレブレーション』のカバーアートとしてグエッタのマリリン・モンローを主題とした作品を利用した。

ストリート・アート · 28日 1月 2019
ブレック・ル・ラット(1952年生まれ)はフランスのグラフィティ・アーティスト。本名はザビエル・プルー。ブレックはパリのグラフィティやアーバンアート運動における最初期のアーティストの1人であり、また、「ステンシル・グラフィティの父」と評価されている。バンクシーに多大な影響を与えたこともでも知られる。

さらに表示する