ブログカテゴリ:ポップ・アート



アート・ワールド · 22日 10月 2018
キース・アレン・ヘリング(1958年5月-1990年2月16日)はアメリカの芸術家。おもに1980年代のニューヨークのストリート・カルチャーから発生したポップ・アートやグラフィティ・アートの中で活躍したことで知られる。 ヘリングはニューヨークの地下鉄内で自発的に描いたグラフィティ作品を通じて人気を集めた。黒い広告大の背景にチョーク・アウトライン形式(犯罪現場で被害者の位置を書き記しするための線)のシンプルな絵画が特徴で、よく描くモチーフは「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」「円盤」「犬を象徴するもの」などである。 ヘリングの絵画は「多くの人が認知しやすいビジュアル言語」の要素があり、また後期作品においては政治的、社会的なテーマ、特にホモセクシャルやエイズなどのテーマが含まれるようになった。ホモセクシャルやエイズはヘリング自身の象徴でもあった。

作品解説 · 01日 5月 2017
「キャンベルスープの缶」または「32のキャンベルスープの缶」は、1962年にアンディ・ウォーホルが制作した作品。32枚の51 cm × 41 cmのキャンバスから構成されている作品。 おのおのキャンバス、当時のキャンベル・スープ・カンパニーが販売していた32種類のスープ缶が描かれている。各作品は版画の手法、非絵画的で半機械化されたシルクスクリーン印刷で制作されている。 「キャンベルスープの缶」は、大衆文化から主題を得ることで、アメリカにおける大きな前衛芸術運動であるポップ・アートの生成と発展を導いた。また、「キャンベルスープの缶」で上げたウォーホルの名声は、最も有名なアメリカのポップ・アートティストにしただけでなく、現存する最も高価なアメリカ人美術家の作品となった。

作品解説 · 01日 2月 2017
《毛沢東》は1973年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。中華人民共和国の政治家毛沢東のポートレイト。...

近現代美術 · 01日 2月 2017
アンディ・ウォーホル(1928年8月6日-1987年2月22日)はアメリカの美術家。ポップ・アートムーブメントを率いた代表的な人物として知られており、ファイン・アートとセレブ文化と1960年代に流行した広告における関係性を表現した。 商業イラストレーターとして成功した後、ファイン・アートへ転身して成功した珍しいタイプである。アメリカ現代美術において最も議論の対象となるアーティストだった。 ウォーホルの美術においては非常にさまざまなメディアが利用される。ドローイング、ペインティング、シルクスクリーン、写真、版画、彫刻、映像、音楽など数えるときりがない。また、1984年に発売されたアミガ社のコンピューターを利用したコンピュータアートの先駆者でもある。

芸術運動 · 03日 1月 2017
ポップ・アートは、1950年代半ばのイギリスと1950年代後半のアメリカで発生した前衛美術運動である。広告や新聞といった大衆文化の代表的な図像を利用して、伝統的なファインアートに挑戦をおこなった。運動初期の芸術家としてイギリスではリチャード・ハミルトンやエドゥアルド・パオロッツィ、アメリカではロバート・ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズが挙げられる。 ポップ・アートで使われる広告や芸能人の写真などの素材は、本来の文脈から切り離される。また切り離された素材は、ほかの全く無関係な物質と組み合わされることで、新たな文脈を生成する。 ポップ・アートは、当時の芸術業界で支配的なスタイルであった抽象表現主義に反発するかたちで始まっている。また既にあるオブジェクトやイメージを利用し、伝統的な芸術に反発しているため、ダダイズムとの類似性がある。ポップ・アートとミニマリズムは、その後に来るポストモダン・アート(現代美術)の先駆的な芸術運動とみなされている。 日本のポップ・アートシーンでは、まず1920年から1930年代に活躍した古賀春江が先駆的な画家とみなされている。彼の代表的な作品「海」は、日本における近代美術やシュルレアリスム絵画の代表的な作品としてみなされているが、最近の研究で古賀は当時の科学雑誌や絵葉書の写真図版をもとにしていることが明らかになっていることから、現在はポップ・アートの先駆けとみなされている。 戦後はニューヨークでアンディ・ウォーホルらとともに活動した草間彌生が代表的な画家である。1960年代なかばには、グラフィックデザイナーの横尾忠則が最も成功したポップ・アーティストの1人となり、彼はまた世界における日本のポップ・アートシーンを伝える代表的な芸術家として認知されるようになった。次いで国際的に知られる日本人ポップ・アーティストは田名網敬一である。その後、1990年代になると村上隆がポップ・アートの文脈を継ぐ作家として世界中に知られるようになった。 ポップ・アートのキーワードは、「ポピュラー」「はかない」「消費財的」「低コスト」「大量生産」「若さ」「洒落ていること」「セクシー」「新しがり」「魅力的」「ビッグ・ビジネス」である。 ※注意 ポップ・アート(Pop art):ポピュラー・カルチャー上の図像を使ったファインアート。 ポピュラー・カルチャー(popular culture):大衆文化。雑誌、新聞、マンガなど。 ファイン・アート(fine art):絵画、彫刻などの美術。学校の美術や歴史の教科書に載っているような作品。

近現代美術 · 22日 11月 2016
ジョセフ・フェルナン・アンリ・レジェ(1881年2月4日-1955年8月17日)はフランスの画家、彫刻家、映像作家。初期作品はキュビスムから派生した個人的な形態の強い作風で、円筒形や円錐形をよく使用していた。 画家としてはピカソ、ブラックより、ドローネーやル・フォーコニエといった第二世代のキュビストに近く、1911年には彼らとともにセクション・ドール(黄金分割)に参加し、展覧会に参加する。 第一次世界大戦に従軍した際に、大戦中に見た大砲などの兵器の機能的美に影響され、以後のレジェの作品には、人物とともに機械をモチーフとした作品が目立つようになる。 戦後は、徐々にポピュラーな作風に切り替えていき、レジェの現代的な主題を大胆で単純化した絵画は、ポップ・アートの先駆者としてみなられるようになった。