ブログカテゴリ:ポール・ゴーギャン



作品解説 · 25日 5月 2017
「いつ結婚するの」は、1892年のポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。約半世紀の間スイスのバーゼル市立美術館に、実業家でコレクターだったルドルフ・シュテヘリンが貸し出していたが、2015年2月にカタール王室のシェイカ・アル・マヤッサに約3億ドルで売却。世界で最も高額に取引された美術の1つである。 ゴーギャンは、1891年に初めてタヒチへ旅行する。目的はプリミティブ・アートに影響を受けたフランス画家たちの疑似作品ではなく、純粋なプリミティブ・アートを創造するための「エデンの園」を見つけるためだった。

作品解説 · 24日 5月 2017
「死者の霊が見ている」は、1892年にポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。うつ伏せに寝ているタヒチの少女のヌードを描いている。老婆が彼女の後ろに座っているのが見える。ゴーギャンは少女が幽霊(ツパパウ)を想像しているか、もしくは幽霊(ツパパウ)が少女を憑依しているかどちらかの意味でこのタイトルを付けたかもしれない。

作品解説 · 24日 5月 2017
「ヌードの習作」は、1880年にポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。裸の女性が衣服を縫っている姿を描いている。現在、コペンハーゲンにあるニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館が所蔵している。 マネやクールベの静物画や構図の影響が色濃く見られる作品。裸の女性は、マンドリンやタペストリーが飾られているマゼンダの壁を背後にし、ベッドメイキングが整っていないベッドに座り、縫い物に夢中になっている。光は女性の背後から差し込み背中を照らしているが、顔や胸のあたりは影になっている。

作品解説 · 15日 4月 2017
「二人のタヒチの女性」は、1899年にポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。タヒチ島在住でマンゴと花を手に持つトップレスの二人の女性を描いたものである。94 cm × 72 cm。メトロポリタン美術館が所蔵している。 ゴーギャンが名誉毀損を受けパリに住みづらくなって、タヒチへ移住してに制作した作品で、当時ゴーギャンはタヒチの原住民女性の穏やかな性格と美しさに魅了されていた。ゴーギャンは「タヒチのイブ」として彼女たちを感情的に生き生きと表現し、また彫刻的なポーズで彼女たち描いた。

画家 · 15日 4月 2017
ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年6月7日-1903年5月8日)はフランスの画家。 それまでの印象派とははっきりと異なる実験的な色使いで制作していた後期印象派の代表的な作家で、彼はピカソやマティスといったのちの前衛美術家や近代美術に大きな影響を与えた。 ゴーギャンの作品は、彼の死後、画商のアンブロワーズ・ヴォラールの宣伝で有名になった。ヴォラールはゴーギャンの作品をまとめて展示し、パリで重要な死後の展覧会を企画したことで知られる。作品の多くはロシアの著名コレクターであるセルゲイ・シューシキンやほかの重要なコレクターが所有していた。