ブログカテゴリ:ラファエル前派



画家 · 11日 8月 2018
ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829年6月8日-1896年8月13日)はイギリスの画家、イラストレーター。ラファエル前派創設者の1人。 ミレイは子どものころから天才で、11歳のときに最年少でロイヤル・アカデミーに入学する。ロンドン、ガワー・ストリート83番地にあった家族の家でラファエル前派を創設する。 ミレイはラファエル前派で最もよく知られるメンバーとなり、また彼の1850年の作品《両親の家のキリスト》や1851年から1852年にかけて制作された《オフィーリア》は、ロイヤル・アカデミーで展示した際、かなりの批判を受けた。