ブログカテゴリ:写実主義



画家 · 31日 7月 2018
ギュスターブ・カイユボット(1848年8月19日-1894年2月21日)はフランスの画家。印象派。グループ内では、ほかの印象派のメンバーより写実主義的傾向が強い。 カイユボット作品の多くは、自身の家庭内や家族の風景、屋内インテリア、肖像画を描いたものである。これらは当時のパリの上流階級の慎ましい生活を写実的に描いている。 代表作は《ヨーロッパ橋》や《パリ通り:雨の日》のようなパリの都会の風景を描いた作品である。《パリ通り:雨の日》は、彼の作品では独特なもので、特にフラットな色使いや、写真的な写実的効果のためよりモダニズム的な雰囲気となっている。

芸術運動 · 30日 7月 2018
「バルビゾン」派は、美術史において写実主義運動の1グループ。当時の主流派ロマン主義運動の文脈の中から発生した。バルビゾン派運動の活動時期はおおよそ1830年から1870年までとされている。名前はフランスのバルビゾン村に由来する。バルビゾン村近くにあるフォンテーヌブローの森に多くの芸術家が集まった。バルビゾン派の最も顕著な特徴として、全体的な質感、色、ゆるやかなブラシトーク、形態の柔軟性が見られる。

芸術運動 · 29日 7月 2018
「写実主義」は、一般的に主題とする対象を率直に描く表現スタイルである。写実主義作品はさまざまな時代の芸術で見られるもので、多くは高い描写技術と訓練、芸術様式の回避が見られる。写実主義は自然主義と呼ばれることもある。 一般的に視覚芸術において、魅力的な写実主義絵画とは、対象の形態、遠近法、具象性、光、色を緻密な描写力を満たした作品であるが、近代美術における写実主義または自然主義とは、同時代における世俗的、卑しい、卑劣な現実を強調描写する作品のことを指す。神話や聖書、過去や未来を主題とした幻想写実主義と区別される。 写実主義の代表的な画家は、現実の女性の裸体を描いたギュスターブ・クールベ、ブルジョア階級や貴族から卑しく見られていた農民の貧しい生活を描いたジャン=フランソワ・ミレー、田舎の風景を描いたカミーユ・コローなどが挙げられる。 1848年革命以後、1850年代のフランスで発生した写実主義運動が典型的なもので、18性器後半にフランス文学や美術の主流派となったロマン主義を否定する形が現れた。

画家 · 28日 7月 2018
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月16日-1875年2月22日)は、フランスの画家、版画家。風景画で知られる。 新古典主義と写実主義の中間を進むようなスタイルにある画家だが、戸外制作で移り変わりゆく太陽の光や影を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちに影響を与えた。特に、風景画において重要視されており、生涯に3000枚以上の作品を制作。 また、美術教師として非常に優れており、弟子から多くの印象派芸術家たちが活躍した。よく知られているのは、カミーユ・ピサロ、ウジェーヌ・ブーダン、ベルト・モリゾ、スタニスラス・レピーヌ、アントワーヌ・シャントルイユ、フランソワ・ルイス・フランセ、シャルル・ルルーなどがいる。 コローは、1840年代から偉大な画家として評判を得るようになり、1848年までにパリ・サロンの審査員に選出され、1867年にはサロンの役員にまで昇進する。初期から中期まで不遇な扱いだったが、晩年に多くの人から認められ豊かになった大器晩成型の芸術家だった。 コローは自身が築いた財産を周囲の友人たちや社会へ分かちあう慈善家でもあった

画家 · 24日 7月 2018
ジャン・フランソワ・ミレー(1814年10月4日-1875年1月20日)は、フランスの画家。フランスのバルビゾン派の創設者の一人。 写実主義運動の一部として位置づけられており、農家の人々の日常を描いた作品でよく知られている。 貧しい農民の姿を描いたミレーの作品は、理想的で高貴な絵画を描くことが主流だった美術業界から反発を受けた。 しかし、ミレーの農民絵画にはクールベのような写実的な暗さは感じられない。むしろ、農民を写実スタイルで崇高に描いている。ミレー自身もクールベのような社会的メッセージはなかったという。 ミレーの崇高に労働する農民画は、フランスよりもプロテスタンティズムが強いアメリカやニューイングランド地方で高い評価を受けた。貧しい農夫婦がジャガイモを前に祈りを捧げる姿を描いた代表作の《晩鐘》は、アメリカ市民の間で人気が高く、複製品が多くのアメリカ家庭で飾られた。

画家 · 22日 7月 2018
ギュスターヴ・クールベ(1819年6月10日-1877年12月31日)はフランスの画家。19世紀フランス絵画において写実主義(レアリスム)運動を率いたことで知られる。 クールベは自分が実際に現実で見たもののみを描き、宗教的な伝統的な主題や前世代のロマン主義的幻想絵画を否定した。クールベの伝統的芸術からの自立は、のちの近代美術家、特に印象派やキュビズムへ大きな影響を与えた。 クールベは19世紀のフランス絵画の革新者として、また作品を通じて大胆な社会的声明を発する社会芸術家として、美術史において重用な位置を占めている。近代絵画の創始者の一人として見なされることもよくある。

画家 · 18日 2月 2018
エドガー・ドガ(1834年7月19日-1917年9月27日)はフランスの画家、彫刻家、版画家。ダンスを主題とした作品でよく知られており、実際にドガの作品の半分以上はダンスの絵である。 デッサンに非常に優れた画家で、特にバレエダンサーや競馬場の馬や騎手、ヌード女性の動きを描写するのが得意だった。肖像画は心理的な複雑さや人間の孤独性の描写に秀でていた。 また、ドガは印象派の創設者の一人とみなされているが、ドガ自身は印象派と呼ばれることを嫌い、写実主義を主張していた。 幼少の頃からドガは、歴史的古典絵画を描きたいと思っていたため、厳格なアカデミック訓練を受け、古典芸術の熱心な研究を行う。しかし、30代前半からスタイルをやや変更し、歴史的巨匠の伝統的な技術で現代の主題を描くようになり、モダニズム生活の古典画家と呼ばれるようになった。

画家 · 12日 2月 2018
エドゥアール・マネ(1832年1月23日-1883年4月30日)は、フランスの画家。モダニズムの生活を描いた最初の19世紀の画家の一人で、写実主義から印象派への移行を促した重用な人物とみなされている。 政界と強い関係を持つ上流階級の家庭で育ったマネだが、未来の裕福で約束された家庭生活を捨て、ボヘミアン・ライフに走り、そして絵画の世界に夢中になる。 1863年にパリの落選展で展示した《草上の昼食》や、1865年にパリ・サロンに展示された《オリンピア》は、パリの娼婦の裸体を描いたものだが、これが一般的に近代美術の始まりと考えられており、マネは近代美術の創始者としてみなされている。 両作品ともに大きなスキャンダラスを起こし、後に印象派を創始する若い画家たちに多大な影響を与えた。 晩年のマネの生活は、同時代のほかの偉大な芸術家たちと絆を深めながら、革新的であり将来の美術家たちに大きな影響を及ぼすような独自のスタイルを形成していった。