ブログカテゴリ:写真



写真 · 10日 8月 2019
ジョック・スタージェス(1947年生まれ)はアメリカの写真家。青年期のヌードや自身の家族を撮影したモノクロ写真作品で知られている。

写真 · 21日 7月 2019
ダイアン・アーバス(1923年3月14日-1971年7月26日)はアメリカの写真家、作家。 ジョエル・ピーター・ウィトキンと同じく、小人、巨人、両性具有者、身体障害者、双子、見世物小屋芸人など、アウトサイダーな人々や隔離的な場所に押し込められる人々をシュルレアリスティックに撮影した写真表現で知られている。 アーバスにとって写真は「やや冷徹に、やや不快」に表現する最適な道具であり、また真実を緻密に明らかにするという信念がある。 アーバスには被写体自身が自分に対して抱いてるナルシスティックなイメージと、自分が被写体に対して抱いているイメージの違いを意識して撮影する姿勢があり、そのため、彼女は被写体に対して正面姿勢で、真正面から、直接的に強いストロボ・ライティングを行なう。 この撮り方は人によっては非常に冷酷な演出を行うため、アーバスに写真を撮られるということは、本来よりも美しく虚飾されるのではなく、まったく逆ですべてを暴き出されるということになるという。

作品解説 · 14日 4月 2019
《1967年ニュージャージ州ローゼルの一卵性双生児》は、1967年にダイアン・アーバスによって撮影された写真作品。 ダイアン・アーバスは社会の末端に存在するアウトサイダーな人々を撮影することで知られている。彼女はよくローライ製の中判二眼レフカメラを使って、ウエストレベル‐ファインダー形式の正方形写真を撮影していた。 アーバスにとってこの撮影方法は、標準的な目の高さのビューファインダーとは異なる方法で被写体に接触するのによかったという。 本作品はコーデュロイ製のドレスを着て、白タイツを履き、黒髪に白いヘアバンドを付けて並んでいる一卵性双生児の双子の少女(キャサリン&コリーン・ウェイド)の写真である。2人ともカメラを正面からじっと見つめているが、1人は少し微笑んでおり、もう1人は眉をひそめている。

映画 · 11日 3月 2019
寺山修司(1935年12月10日-1983年5月4日)は日本の前衛詩人、劇作家、作家、映画監督、写真家。短い人生の間に300冊の本を出版、約20作の映画を制作しており、多くの批評家やファンによれば、日本で最も生産的で挑発的な創造的な芸術家の一人だと言われる。...

写真 · 08日 7月 2018
ルイス・キャロルことチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンは、かなりの腕前のアマチュアの写真家で、写真史にもその名前を残している。 1856年ドッドソンは叔父のスケフィントン・ラトウィッジの影響で写真に興味を持ちはじめ、その年の3月18日にオックスフォードの友人であるレジナルド・サウジーとともにカメラを購入し、写真撮影を始めるようになる。 写真を始めるとすぐに、ドジソンは宮廷写真家として知られるようになり、その腕前の高さから、アマチュアながらも非常に早い段階から写真で生計を立てる考えもあったほどだという。 現存している彼が撮影した全写真を徹底的にリスト化したロジャー・テイラーやエドワード・ウェイクリングの研究『Lewis Carroll, Photographer』(2002年)によれば、半分以上が少女を撮影したものだという。カメラを入手した1856年にチャールズは、一連のアリス・シリーズのモデルであるアリス・リデル(当時4歳)の撮影を行っている。少女以外の写真では、男性、女性、少年、風景を撮影したものが大半で、サブジェクトとして骸骨、人形、犬、彫像、絵画、木などがよく撮

写真 · 07日 7月 2018
ポリエ二・パパペトル(1960年11月21日-2018年4月11日)はオーストラリアの写真家。人間のアイデンティティ、特にサブカルチャーに関わる人物を探求した写真作品で知られている。 代表的な写真シリーズとして、初期から2000年にかけては、エルビス・プレスリーの熱狂的なファン、マリリン・モンローの扮装者、ドラァーグクイーン、プロレスラー、ボディビルダーなどサブカルチャーに関わる人物を被写体にしていた。 2000年以降になると、自身の娘をモデルにルイス・キャロルのベアトリス・ハッチの写真を模倣した作品シリーズが代表だが、子どもを主題とした作品が多くなる。 さまざまなアイデンティティ、表現、子どもを積極的に探求するとともに、背景に印象のある風景、華やかな衣装、マスク・仮面などがよく作品に取り入れられるのも彼女の特徴だ。 作品内の主役となるのは彼女の2人の子ども、オリンピア・ネルソン(1997年生まれ)とソロモン・ネルソン(1999年生まれ)だった。

芸術運動 · 04日 2月 2018
ピクトリアリスムは、19世紀後半から20世紀初頭に発生した写真分野における芸術運動である。明確な定義は存在していないが、広義ではイメージを単純に記録した写真ではなく、芸術を創造するための手段として撮影された写真全般のことを指す。狭義では、わざと写真を不鮮明でぼやけるようソフトフォーカスで撮影された芸術写真である。 ピクトリアリストたちにとって写真とは、絵画やドローイングと同じくもので、鑑賞者に撮影者の自己の感情を伝える手段の1つだった。 ピクトリアリスム運動は、1940年代後半まで続い また、ボードレールは絶賛してフランス語に翻訳したエドガー・アラン・ポーの作品は、多大な影響を与え、のちの文学や芸術の多くで比喩やイメージの源泉となった。象徴主義は、1860年代から1870年代にかけて、ステファヌ・マラルメやポール・ヴァレリーらによって発展、1880年代に象徴主義の美学は一連の檄文によって連結化され、同世代の著述家を魅了した。「象徴主義」という名称自体は、批評家のジャン・モレアスが、デカダン文学や芸術との関わりから象徴主義の作家を区別するために作った言葉であるとされている。

写真 · 25日 1月 2018
ヘンリー・ピーチ・ロビンソン(1830年7月9日-1901年2月21日)はイギリスの写真家。 ピクトリアリストで、複数のネガや印刷物を結合して1つにする合成写真の先駆者として知られており、ファインアートでは初期モンタージュの代表と認識されている。ロビンソンは報道写真や芸術として写真を扱う議論に精力的に参加した。 ロビンソンは19世紀なかばのイギリスにおいて、最も有名な写真家の一人である。芸術写真を探求する団体「ロイヤル写真協会」の副会長であり、名誉会員。ライバルグループで、後にアメリカの写真グループ「フォト・セセッション」に影響を与えた「リンクト・リング協会」の初期会員でもある。 最も有名な写真作品である1858年の《色褪せ》。陰鬱さや病的なイメージをオシャレな雰囲気にした合成写真である。なお、ロビンソンは絵画ではラファエル前派や美術批評家ジョン・ラスキンの信者であったため、彼の写真にはそのような影響が表れている。

写真 · 24日 1月 2018
エドワード・スタイケン(1879年3月27日-1973年3月25日)はルクセンブルク生まれ、アメリカ人写真家、画家、キュレーター。1900年からアメリカ国籍となる。 スタイケンは、1903年から1917年までアルフレッド・スティーグリッツが編集していた雑誌『カメラ・ワーク』で、最もよく特集された写真家である。スティーグリッツとともに「フォト・セセッションの小さなギャラリー」、のちのギャラリー「291」を設立。 1911年に雑誌『アート・デ・デコレーション』誌に掲載されたスタイケンの写真は、最初の近代ファッション写真とみなされている。 1923年から1938年まで、スタイケンはコンデナスト・パブリケーションズ発行の雑誌『ヴォーグ』や『ヴァニティ・フェア』などで活躍し、またジェイ・ウォルター・トンプソンをはじめ多くの広告代理店と仕事を行う。この時期にスタケインは、世界で最も有名な高額写真家として知られるようになった。

写真 · 24日 1月 2018
ヘンリー・ピーチ・ロビンソン(1830年7月9日-1901年2月21日)はイギリスの写真家。 ピクトリアリストで、複数のネガや印刷物を結合して1つにする合成写真の先駆者として知られており、ファインアートでは初期モンタージュの代表と認識されている。ロビンソンは報道写真や芸術として写真を扱う議論に精力的に参加した。 ロビンソンは19世紀なかばのイギリスにおいて、最も有名な写真家の一人である。芸術写真を探求する団体「ロイヤル写真協会」の副会長であり、名誉会員。ライバルグループで、後にアメリカの写真グループ「フォト・セセッション」に影響を与えた「リンクト・リング協会」の初期会員でもある。 最も有名な写真作品である1858年の《色褪せ》。陰鬱さや病的なイメージをオシャレな雰囲気にした合成写真である。なお、ロビンソンは絵画ではラファエル前派や美術批評家ジョン・ラスキンの信者であったため、彼の写真にはそのような影響が表れている。

さらに表示する