ブログカテゴリ:19世紀



イラストレーター · 03日 7月 2019
アルフォン・マリア・ミュシャ(1860年7月24日-1939年7月14日)は、チェコの画家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、アール・ヌーヴォーの代表的な画家として知られている。広告、ポストカード、ブックデザイン、ステンドグラスなど幅広いジャンルで活躍。 アール・ヌーヴォー様式が流行していたパリの「ベルエポック」時代、大女優サラ・ベルナール主演の舞台『ジスモンダ』の宣伝ポスターで大きなセンセーショナルを巻き起こし有名人となる。以後、ポスターをはじめ、装飾パネルなど数々の耽美で幻想的な女性イラストレーションを制作し、アール・ヌーヴォーの巨匠としての地位を確立。 1900年に開催されたパリ万博は、ミュシャ様式を世界に広めた重要なイベントで、またアール・ヌーヴォーが勝利した展覧会と称されるほど、このベル・エポックの時代はアール・ヌーヴォーの絶頂期だった。

画家 · 06日 8月 2018
アルフレッド・シスレー(1839年10月30日-1899年1月29日)はイギリスの画家。印象派。生涯の大半をフランス過ごしたが、国籍はイギリスである。 彼は首尾一貫して、戸外制作で、おもに風景画を描く印象派として知られている。 1857年から60年のロンドン滞在中に絵画に関心を持ち、パリのシャルル・グレールの画塾でモネ、ルノワール、バジールらと出会い、後に印象派展に参加した。

画家 · 03日 8月 2018
メアリー・スティーブンソン・カサット(1844年5月22日-1926年6月14日)は、アメリカの画家、版画家。 ペンシルヴァニア生まれたが、人生の大半をフランスで過ごし、そこでエドガー・ドガと親しくなり、印象派のメンバーと展示活動を行う。 カサットはよく社会風景やプライベートな女性の生活、特に母子間の親しい絆を強調する表現を行った。 カサットは、1894年にギュスターヴ・ジェフロワに「ベリト・モリゾ、マリー・ブラックモンと並ぶ3大女性印象派画家の1人」と描かれている。

画家 · 31日 7月 2018
ギュスターブ・カイユボット(1848年8月19日-1894年2月21日)はフランスの画家。印象派。グループ内では、ほかの印象派のメンバーより写実主義的傾向が強い。 カイユボット作品の多くは、自身の家庭内や家族の風景、屋内インテリア、肖像画を描いたものである。これらは当時のパリの上流階級の慎ましい生活を写実的に描いている。 代表作は《ヨーロッパ橋》や《パリ通り:雨の日》のようなパリの都会の風景を描いた作品である。《パリ通り:雨の日》は、彼の作品では独特なもので、特にフラットな色使いや、写真的な写実的効果のためよりモダニズム的な雰囲気となっている。

画家 · 20日 3月 2018
アルマン・ギヨマン(1841年2月16日-1927年6月26日)はフランスの画家、リトグラフ作家。 パリで生まれ、叔父のランジェリー店で働きながら、夜に毎日ドローイングの授業を受ける。1861年にアカデミー・シュイスで学ぶ以前は、フランス国鉄で働いていた。アカデミー・シュイスでポール・セザンヌやカミーユ・ピサロと出会い生涯の仲となる。 ギヨマンは、セザンヌやピサロのように画家として出世することはできなかったが、ギヨマンの作品が二人へ与えた影響は大きかった。たとえば、セザンヌはギヨマンのセーヌ川のはしけの絵を基盤にした最初のエッチング作品を制作している。